FC2ブログ
08日の相場は、前日のアメリカ株が中間選挙を受けて急騰したため、大幅高となった。ただ、日経平均401円高とは言え、値下がり銘柄数が324もあって、全面高とまでは言えない。主力株ではファナック、オークマ、武田薬品などが下げた。

当道場銘柄はほぼ全面高だった。
フィックスターズ(推)は1420△148まであって1380△108。後場まもなく1336△64まで上げ幅を縮小したが、そのまま崩れるのではなく、それなりにいい形で終えた。
一方、シェアテクは2660△110まであったのに終値は2543▼7と下げて終えた。多くの個人投資家が、最近の小型株の激しい下落に神経質になっていることが、こうした値動きの背景にあるのかもしれない。ただ、シェアテクに関して言えば、ここ2753円(10.17日)の年初来高値に迫っていて、この更新をめぐる投資家間の虚々実々の駆け引きも背景にあるとみるべきでだろう。もちろん、私はまもなく高値更新とみているわけである(あたる保証がないことは言うまでもない)。

一進一退の動きを続けているグローバルG(WEB銘柄)(推)は1444△44と反発した。徐々に反騰色を強めているように思われる。もう一段高するとはっきりするわけだが。

ジャムコ(WEB銘柄)(推)は3055△133と3連騰。決算発表で急落したのは何だったのかという動きだが、こうしたおかしな値動きが、最近は常態化している。急落(急騰)したとき、それをどうみるか、眼力が問われるわけだが、判断は一筋縄ではいかず難しい。

決算後、大きく株価が動いている銘柄では、オイレス工業が2004△70と大幅高となった一方、東祥は3765▼15で4日続落となった。またコシダカは1389△34まであったものの終値は1356△1。

ティーケーピーが4080△320と大きく上げ、またサンコールも前日の好決算を好感、821円まであって801△69と急騰した(どちらも「新四季報から発掘した妙味株」)。

アルファポリス、仙波糖化(推)、SBSも上げたが、この3銘柄は決算発表が近い。アルファポリスは09日、仙波、SBS,それにグローバルGはいずれも13日である。

11月08日 23時48分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3225-e7cd6f01