FC2ブログ
前稿を書いた時点で250ドル以上下げていたNYダウは、朝起きて確認すると92ドル安で引けていた。連れて日経平均先物も、前稿時点で180円安程度だったのが、朝方は小幅ながらプラスに転じていた。
そして日経平均は前日比30円ほど高く始まったわけだが、その後一進一退を続けた後、10時近くからは下げに転じ、最安値では204円安まであって終値は183円(0.8%)安。
最近の相場は、今日に限らず、訳も分からず乱高下するという感じで、NYダウも円相場も当てにならない。
投資家としては、理論的に先を読むことが至難の業だと心え、荒海で泳ぐようなもので危険もいっぱいだということを十分覚悟して取り組むしかない。

当道場銘柄は高安まちまちで、トータルとしてもほぼ横ばい程度の値動きだったといっていいだろう。
注目とした佐藤食品(WEB銘柄)(推)、仙波糖化(推)は、ともに大きく上げた。今の相場は業績やPERは無視、ただ需給関係、人気で株価が動いているかのようのわけだが、この2銘柄は、すでに十分、日柄的にも値幅的にも売られ、需給関係が好転したのではないかと思われる。
仙波糖化の場合、今期業績の大幅上方修正が期待の材料のわけだが、同社はここ5年連続増益を続け、今来期も増益が続く見通しだが、以下に業績がボトムを打った2013年3月期から18年3月期の経常利益(単位100万円)を示す。
74→321→458→662→727→865
これに2019年3月期と20年3月期の四季報予想の数字を付け加えると以下のようになる。
74→321→458→662→727→865→予1150→予1250
注=予1150は私の予想は会社予想の4-9月期の数字等からして1200以上なのは前稿で書いた通り。
これだけ、文句のない好業績の会社の今期予想PERが14.8倍に過ぎないのである。来期ベースでは13.6倍になる。

佐藤食品も前日比4倍くらいの出来高で1564△24と連騰となった。売り物はさすがにかすれてきた感じであり(場に出ているものだが)1600円未満にある売り物は900株しかない。1600円を回復すれば、意外高もありえよう。いずれにせよ、こちらも今期上方修正含みの低PER株であり、需給関係好転で売られすぎの反動高が期待できよう。

シェアテクは2749円まであったのだが、前日につけた年初来高値2753円を抜けなかったこともあってか、最後はだれ2666▼8。私は思い切って2700円前後で600株だけ買い増したが結果は見ての通り。ただ、こんなものでは終わらないはずとの読みであり、それなりに自信もある。

私が「とっておきの銘柄」と思わせぶりの言い方をしてきた銘柄は
3687 フィックスターズである。
実はこの銘柄、私が最初に買ったのはもう1か月以上も前の9.12日で1522円で100株だけ打診買いした。その後10.01日には1600円前後でも買い、この時点でそれなりの株数になった。ところが10.02日以降は変調をきたし下がり始める。以降も多少は買い増しているわけだが、ご覧になれば分かるが、だらだらと下げ10.11日には1360円まであった。今一つ値動きとその後の全般の地合い悪化で確信が持てず推奨銘柄としてこれまで発表しなかったわけだが、そのことに今となっては安堵している。
このブログを長くお読みの方は、ある程度お分かりだろうが、私は推奨銘柄は自分でも買うわけだが、多くは買ってすぐに推奨するのが基本だが、そうでないケースも結構ある。打診買いはかなり安易にするので、その後の値動きで行けるとなってから推奨というケースが多くあるわけである。またすぐに大きく上がってしまったようなケースでは、推奨予定を変更することも多々ある。
要するに、一番いいタイミングでの推奨を第一に考えているのである。
株式専門誌や夕刊紙、週刊誌等の銘柄はそういうことにはお構いなく書くから、危ないことこの上ない。私が最近書いた原稿などは、下請けの方が原稿を受け取って、こちらがいつ掲載誌は発売か聞いてもはっきりしないというありさまだった。そんなことと知っていれば断るんだったと思ったが、あとの祭りである。
それはともかく、フィックスターズは、値動きを注視していても、いつ底を打つか分からないという動きのため、ここまで、推奨を見送ったわけである。
しかし、ようやく頃や良しである。チャート的にも1360円台で底入れと見て取れる。万万が一狂っても1310円の年初来安値までだろう(もちろん、そんな値段を想定しているわけではないが、なんでもありの恐ろしい相場環境なので、気の小さい方はこのくらいも覚悟で買う買わないを判断されたいということである)。
材料等はとりあえず書かないが、心配な方は、いや心配でない方も、各自調べられるといいだろう。
この会社の実力、どういう会社と合弁を作っているか、提携・協業しているか。さりげなく推奨銘柄である。
本来ガバっと行きたいところだが、地合いが地合いだけに、恐る恐る、とりあえずちょっとだけ買って、相場環境をにらみながら、その後の方針は決めるくらいがいいかもしれない。

10月18日 23時48分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3208-87dfc14a