FC2ブログ
27日の相場は、前日の(配当権利落ちを考慮すると)実質大幅高の反動に加え、アメリカ株が大きく下げたこともあって、大幅安となった。日経平均は1.0%(237円)、TOPIXは1.2%の大幅安となった。指数大型が1.06%の下落だったのに対し指数小型は1.52%と大きく上回る下落率だった。JQは0.2%、マザーズは0.4%の下落率だった。
前稿で書いたような読み、期待は見事に裏切られた形である。

前日大きく上げた銘柄の多くが反対に大きく下げるというケースが続出した。
日本電子2576△66、2454🔻122
ジャムコ3355△100、3220🔻135
ティーケーシー4275△220、4115🔻160
といった具合である。
ただ、逆に言えば、こんな具合だからこそ、「前稿で書いたような読み、期待も含め、1日の動きで決めつけず数日の動きから判断するようにしよう。

日米首脳会談もそう悪い結果はでず、為替は円安が進行している。現在1ドル113円台に乗せている(113.06円前後)。日経平均先物・大証夜間も130円程度の値上がりとなっている。

28日は、それなりに戻すことを期待しよう。

シェアテク(新四季報から発掘した妙味株)に材料が出ている。
以下のお知らせを27日付で出している。

ライフサービスインフラ構築に向けた新システム「Mover」。「Alibaba Cloud」(SBクラウドのクラウドサービス)への移管に関するお知らせ

SoftBankが導入事例として公表しているものが、株価材料的にはぴったりなので、これを引用する。

>ポータルサイトのトラフィックが前年比約360%に急増し、バックエンドの基幹システム増強に迫られていました。
>成約率を向上させる地道な改善を積み重ねた結果、直近半年間(2018年1月~2018年6月)では、「生活110番」のセッション数が前年の同期間と比べ約10倍に達するほど事業は急成長しています。
鎌倉注=トラフィックとは「ネットワーク上の通信量を示す。通信量が多い、つまりトラフィックが大きいと、データ全体を送るのに時間がかかり、通信速度が遅くなる。」

要するに、「生活110番」にアクセスが急増、さばききれないほどの繁忙に、これまでのサーバーからSoftBank系の「Alibaba Cloud」に変更し、問題は解決したということである。
同社の売り上げ推移(2015年9月期~2019年9月期=四季報予想を含む)を示そう。単位=100万円
806→1141→1754→予4600→6800
この間、同業のJBR(ジャパンベストレスキューシステム)の売り上げと比べるとJBRは
12117→11552→12396→11800→12500
つまりこの4年で、売り上げはJBRは3.2%しか伸びなかったのに、シェアテクは8.4倍に激増したわけである。
恐るべしシェアテク

9月27日 23時17分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3189-d061d6e5