FC2ブログ
03日の相場は、前場終了までは、比較的平穏だったのだが、後場に入ると、徐々に下げ幅を拡大、特に小型株が売られ(東証1部)、連れてJQ、マザーズも一段安となった。
東証1部の騰落銘柄数は値上がり410、値下がり1630と圧倒的に値下がりが多かった。大型株指数の下落率0.78%に対し小型株指数はのそれは1.41%とはるかに大きかった(日経平均は158円=0.69%の下落)。

こういう流れの中で、比較的健闘していた当道場銘柄も、最後は力尽きるものが多かった。
グローバルG(WEB銘柄)(推)は2244△45まであり、年初来高値2252円更新もあるかという場面もあったのだが、後場に入るとダレ、終値は2191▼8。ただ全般、こういう小型株が売られる中で底堅い動きをしており、出来高も月曜を考慮するとまずまずの水準を維持しており、むしろこれからに期待を持たせる動きだったとみていいだろう。

仙波糖化(推)も後場に入って間もなく1199△13の高値を付けたのだが、1200円に置かれた2万株の売りにビビったか結局1181▼5の安値引け。こちらも3連騰後にしては強い動きで、新四季報への期待もあって先高期待が強いとみていいだろう。

佐藤食品(WEB銘柄)(推)は1745△15と6連騰。7.05日1610円、8.24日1615円で、ダブルボトム形成で出直ってきたというチャート妙味もあり、今期業績の上振れ期待の高まり(会社は減益予想を変えていないわけだが、増益になる可能性は十分あろう)、来期業績の大幅続伸期待で、必要以上に売られた株価の復元力はなお大きいとみる。

ジャムコ(WEB銘柄)(推)、日本電子は大きく下げた。為替が1ドル111円台割れとやや円高になったことも影響したのかもしれない。
ただし現在は111.2円前後と再び111円台を回復しているので、これは好材料だ。

京三製作(WEB銘柄)629▼22、SBS1319▼43、オーウイル(推)1378▼90など、大きく下げたが、格別売り材料があったわけではなく、薄商いのため、こうしたことが容易に起きるということだろう。だからこそ、大きく上げた場面では、先行きの見込みは置いておいても多少は売っておくのをルールにしておくのがいいかもしれない。

9.03日のアメリカ市場は休場のわけだが、CME NYダウ先物は小幅高、日経平均先物・大証夜間も73円高となっている。為替も現在1ドル111.13円。明日は今日の下げを埋めるのを期待しよう。

9月03日 23時35分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3171-da18d359