FC2ブログ
01日の相場は、日経平均、TOPIXとも0.9%前後の大幅高だった。しかし騰落銘柄数を見ると値上がり1144、値下がり888と大差なかったことで分かるように、値下がりする銘柄も多かった。
JQは0.1%、マザーズは0.6%、ともに値下がりした。
ここ、総じて東証1部、特に日経平均が強い一方、JQやマザーズは弱い動きが続いている。JQはこれで4日連続安である。

01日も決算をめぐって、激しい動きが演じられた。
好決算を素直に好感して上げたのが、トーカロ1412△136、大木ヘルス(WEB銘柄)2628△237(両銘柄とも7.31日引け後発表)。
理解不能なのがココカラファイン。7.31日引け後の発表で、第1四半期は経常10.2%減益で通期予想は据え置きだった。この決算で20円安で始まったわけだが、その後猛然と切り返し、7220円まであって7160△610(東証1部値上がり率24位)。
エバラ食品(推)は、可もなし不可もなし程度の決算だったわけだが、25円高で始まったものの寄り天となり終値は2325▼27。
スターゼン(WEB銘柄)(推)は6070△120まであって6040△90。。02日の決算への期待で上げたのかもしれない。決算またぎで保有するか、それは避けるか悩ましい。

猛暑関連は、やや買い疲れ感も出たか、下げるものが目立った。
セイヒョー(推)4160▼15、石垣食品204▼7、井村屋3520▼65、古河電池902▼16などである。
オーウイル(推)は、前稿で書いた材料が多少は効いたか1426△27まであって1408△9と上げた。第1四半期決算はともかく、猛暑の影響が出る中間期決算ではアッと驚く数字が出る可能性が十分あろう。ほかにも材料があり、7.26日につけた1440円の戻り高値更新からが見ものだろう。
いずれにせよ、この猛暑、予想以上にしぶとそうであり、猛暑関連も、早晩復活となろう。

日本電子、ジャムコはそろって上げた。

現在NYダウは小幅高、為替はやや円高、日経平均先物・大証夜間は小幅安となっている。
この流れで行って、02日は日経平均一服、JQなど小型株復活となるのを期待しよう。

8月02日 0時13分記

Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3143-b7b7c523