FC2ブログ
13日、アメリカがイギリス、フランスを加え、シリアを攻撃した。
ロシアを意識したもので、ロシアを過度に刺激しないような攻撃にとどめたとも言えるが、とは言え、ロシアは反発しており、今後の着地点は見えない。

いずれにせよ、株式市場には悪材料だが、その程度は読み難い。
個人的には、さほどのことにはならないとみるが、月曜の日本市場に限ると、日出る国の宿命として、世界で最初に、この材料を消化しなければならないわけだが、えてして過度に反応しがちだ。

日本が大きく下げても、その後始まる中国、欧米各国はそうは下げず、17日の日本株は戻すというのは、これまでよく見られたことだ。
そういうわけで、16日の日本株が大きく下げた場合(その可能性はそう大きくないとみるが)、あわてて雷同売りするのではなく、様子見がいいだろう。逆にさほど下げなければ、それはそれでいい。

4.13日~15日に行ったNNN(日本テレビ系)の世論調査で、安倍内閣の支持率が26.7%まで下げた(支持しないは53.4%)。
柳瀬元首相秘書官は23日の週に国会招致の方向だ。
内閣総辞職等に発展する可能性がかなりの確率でありそうだ。柳瀬元秘書官は言い逃れでき難い状況であり、政権は危機的状況に追い込まれることも念頭に置いておきたい。

当道場銘柄は、仙波糖化(推)、クレオがともに大きく上げ、年初来高値更新とはいかなかったが、ともに引け新値となった。
仙波は1387△100で終えたわけだが、1434円の年初来高値は16日にも更新の可能性がある。2018年3月期業績は大幅上方修正が確定的だ。19年3月期の予想経常利益を10億円とすると実質1株利益は61.5円となる。とりあえず、PER25倍の1538円程度は見ておいていいだろう。30倍なら1875円だ。
クレオは1270△128で終えたわけだが、HEROZ(ヒーローズ)の上場(4.20日)を控え、これまた1340円の年初来高値更新から一段高のコースが期待できよう。

スターゼン(推)は5620△20と続伸した。アメリカがTPPに復帰する可能性が出て来たことも好材料だ。戻り高値5700円を抜けると面白い。

東芝テックがじりじり戻している。13日は641△3。

豆蔵はついに6連続安となる1189▼16。クレオ同様RPA関連+AI関連であり、どこかで大きく見直されるとみる。「デジタル秘書」に注目。

4月15日 11時52分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3056-58b31a0d