fc2ブログ
3.30日の日経平均は295円(1.4%)高(TOPIは0.7%高)、JQ、マザーズも、それぞれ0.9%、1.7%上げた。

当道場銘柄も大半が上げた。
クレオは1239△194まであって1045△39という激しい動き。
仙波糖化も993▼33まで下げたが1047△21まであって1026±0と同じく激しく乱高下。
どちらも、予断を許さないが、基本的に更なる大相場もありうることを予感させる動きのように思う。慎重派の方は、噴いたところでは一部を売る作戦がいいだろう。


豆蔵、スターテア、コムチュア、ビジネスブレイン太田、電通国際情報、SHIFT、クラウドワークス、エル・ティ・エスなどのRPA HD関連と言うかRPA関連と言うかの銘柄はそろって大きく上げた。
今後の世の中の趨勢としてRPAが急激に進むことは疑いの余地がない。前にも書いたように、何銘柄かはポートフォリオに加えておくべきであろう。

その筆頭として、クレオ、さらに豆蔵を挙げたわけだが、クレオに続いて豆蔵もいい感じになってきた。30日の1317△27で4連騰となったわけだが、今期予想実質PERは15.1倍に過ぎない。RPA HDが大幅増益を前提にしてもPER200倍程度まで買われている中、豆蔵の15倍そこそこはあり得ないレベルという認識が広まれば、クレオ同様、急伸しておかしくない。

東京インキ(推)は薄商いのため、値が飛びやすいと指摘したが4090△260まであって3955△125。理由もなく大きく下押していただけに、ここからの戻りは意外に大きいのではないか。

【WEB公開銘柄】

           推奨時株価   3.30日終値
2150 ケアネット   1058円      1104円
6588 東芝テック     654円     628円
8043 スターゼン    5180円      5200円
9728 日本管財      2093円      2104円

この間の日経平均の値下がり(22000円→21454円)
注=日経平均は推奨日前日は22149円、推奨日は21925円なので切れ目のいいところで22000円とした)
を考慮すると、まずまずの途中経過と言えよう。配当が東芝テック3~5円、スターゼン100円、日本管財21円あるので、これを入れると、東芝テック以外は、まずまずの値上がりとなる。

さて今後の見通しである。
ケアネットは2.21日につけた1152円に接近して来た。これを抜ければ1160円~1250円とした目標値達成が有望となる。
スターゼンは何ら心配することはなかろう。業績の上方修正も期待でき、じり高展開とみておけばいい。
日本管財はケアネットに似た値動きだ。ようやく再び上昇軌道に入ってきており、2.21日につけた2163円を抜けば2200円~2300円とした目標値達成が見えて来る。
東芝テックは、新四季報で2019年3月期業績見通しが前期比横ばいなのが痛い。残念だが、多くを期待せず、他の有望銘柄(例えばヒラキとか豆蔵)とチェンジすることも考慮するところだろう。

米中の貿易摩擦も本格的対立を回避する動きが強まっているような状況と思われる。相場環境は、まずまずの状況とみるところだろう。やや強気に先行きをみておく局面になったようだ。

4月01日 23時17分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3042-48daae9d