FC2ブログ
NYダウの上げを見て日本株も上げたが、相変わらず盛り上がりに欠ける相場つきだ。ただ、26日のアメリカ株(NYダウ)は、今のところ続伸の動きで、そうなれば、さすがに日本も多少は元気(出来高等)も出て来よう。

26日の相場は主力大型株中心の上げとなり(NYダウ大幅高からある程度予想されていたことだが)、小型株の動きはいまいちだった。

スターゼン(推)は昨年来高値更新となる5500円まであったのだが終値は5400±0。エンビプロ(推)も1149△59まであって1101△11。
底堅い動きとも言え、27日、多少なりと小型株向きの動きとなって、大きく上げるのを期待しよう。
23位、下げていたコムチュア、日特エンジ(推)は大幅高となった。マニーは引け新値。

人材派遣ではアウトソーシング、UTグループ(当道場銘柄ではない)は大きく上げたが、ウィルグループは1599△1にとどまった。この3社でもウィルグループの低PERが際立つわけだが、最近はPER軽視の流れが強まっているのか、低PER銘柄の動きがさえないような気がする。ケアネットも1087▼12と下げている。ただ、こうした目先の値動きに惑わされず、早晩、正当に評価されるとみて強気堅持。他のWEB公開銘柄は東芝テック、日本管財とも小幅高。これで4銘柄すべてが推奨時株価及び直後値を上回って終えたことになる。

現在NYダウは25500ドルの大台回復、日経平均先物・大証夜間も100円前後の値上がりとなっている。
このままいくと、27日はかなり期待できそうだ。
26日はいま一つの値動きだった東京インキ(推)、スターゼン、日本管財、ウィルグループ、ケアネット、日置電機(推)、東芝テックあたりの奮起に期待しよう。

2月26日 23時54分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3014-fcec39b2