FC2ブログ
【アイティフォーの決算】
16時00分に4-12月期決算を発表した。
注意深く見ないといいか悪いか判断が難しい内容なのだが、掲示板では例によって株探ニュースを引用する方がいて、これがミスリードのもとで困ったものである。
前にも一度書いたように株探の「当社が試算した・・・・」というのは、サルでもできる類のことで、人間の頭脳が使われていない。
東京カンテイと株探に惑わされるな
というのは、私の年来の主張である(東京カンテイに関しては、新刊の『鎌倉雄介の株道場』P199~200参照)。

アイティフォーの決算は4半期ごとの数字を前年同期と比較するという、私が提唱している手法を使うと分かりやすい。
以下の数字は経常利益、単位は100万円。

          4-6月期  7-9月期  10-12月期  1-3月期   通期
2017年3月期    114     389       241    587   1331
2018年3月期     78     345       270     予1057 予1750

4-12月期では経常利益は693で前年同期の744比で7.0%の減益だった。
しかし前年同期比では4-6月期は36負けていた、7-9月期も44負けていた、それが10-12月期では、ついに29勝ったわけである。
しかもこうなることは、予定通りなのである。「大手通信キャリア向け受注減で上期減退。ただ金融機関向け決済クラウドやRPA(ロボットによる業務効率化)など新規商品投入し利益急反発。」(四季報)
9月中間期の予想経常利益は当初330だったが実際には423(78プラス345)だった。中間期予想330時点での通期予想経常利益は1750だった。中間期が予想を上回ったが通期予想は据え置いている。これからしても、業績は順調に推移しており、通期見通し達成に大きな懸念はないとみるところだろう。むしろ上方修正の可能性の方がやや大だろう。

>なお、当社グループでは、顧客への出荷や納期が9月および3月に集中する傾向があります。
これは決算短信にある文言だが、1-3月期にガバっと稼ぐから心配しないでいいよという会社からわれら株主へのメッセージであろう。

1月31日 19時14分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2991-40dafc52