FC2ブログ
29日の相場は、日経平均は小幅安、TOPIXは小幅高となった。JQは小幅安、なざーずは1.3%安だった。
先週末のNYダウは0.8%の大幅高だったわけだが、日本株はこれに追随できなかったわけである。ここに来ての円高が影響していると思われる。これまでは円高と言っての企業の想定レートよりはなお円安で、株価への影響はほとんどなかったわけだが、ここ1ドル110円を割り込み、想定レート以上の円高になってきたことで、局面が変化したわけである。
とは言え、いつも言っているように、為替ほど読みにくいものはない。このままさらに円高が進行するかというと、なんとも言えないであろう。ここは円高だから内需といった短絡的思考ではなく、なおどちらに転ぶかわからない宙ぶらりんな状況と心得て、日々の動向を注視していくところだろう。

東京インキ(推)は4260円まであって4210△235。今期の1株純資産は9000円弱、来期は9400円どころが予想され、好収益とも相まって、(一時的にはともかく)下値不安は小さい。どっしり構えて大きな果実を手に入れるようにしたい。

日置電機(推)は3570円まであって3540△95で、連日の昨年来高値更新。前日の安値3265円と比較すると300円程度上の水準だ。コンセンサスなどといういかがわしいものに惑わだれて狼狽売りしたツケはいかに大きかったかということである。狼狽ここからは、危険水域に突入だが、今期予想実質PERは23.0倍、来期なら21倍弱となろう。来期予想の1株利益170円弱をPER25倍に買うと株価は4200円程度になる。人気次第では4000円乗せからこの程度まであってもおかしくない。

エンビプロ(推)は11222円まで下げる場面があったが終値は1190△10。25日、26日と調整、27日も利食い売りをこなしての反発である。再び大きく上っ放れるか。

マニーは3925円まであって3895△110とあっさり昨年来高値を更新した。

タクミナ(推)、ヒトコム、ロジネットなどは、相変わらず動きが悪い。乏しい市場エネルギーの中では、こうした人気離散銘柄にまで物色の手は伸びないということだろう。
ただ、丸和運輸機関4035△230、ファイズ3160△336と急伸しているのを見ると、ロジネットの1845▼3の浮世離れしたような低株価には驚くしかない。いつか花実のの咲くものをとがんばろう。

引け後、コムチュア(推)が決算を発表。経常利益は前年同期比50.0%の驚異的大増益。通期の経常利益予想17.00億円(前年同期比10.2%の増益)は変更しなかったが、笑止千万、早晩大上方修正必至だろう。PTSでは3600△105。

30日は広栄化学(推)の決算発表だ。4-9月期の数字からすると、好決算が予想されるが、ここに来ての原燃料高を危惧する向きもある。一抹の不安は残るが、4-12月期の数字はいいだろう。通期は据え置きだろうが。

1月30日 0時03分記

Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2989-e39f4629