FC2ブログ
09日の相場は、値下がり銘柄もかなりあったが、それでも日経平均、TOPIXとも0.5%前後の値上がりとなった。これで日経平均は大発会から3連騰、値上がり幅は1085円、値上がり率は4.8%に達する。
JQは1.2%の値上がりとなった。1部(市場)に比べ出遅れていたので、今日は大きく上げたということだろう。

当道場銘柄は、総じて堅調だった。
タクミナ(推)は昨年来高値を大きく上回る2189円まであって2116△97。マニー(推)、リゾートトラスト、アイティフォー(推)、エンビプロ(推)も昨年来高値を更新した。
コムチュア(推)は昨年来高値に面合わせ、日特エンジも昨年来高値にあと10円まで迫り引け新値。
太陽誘電(推)は1932△38で6連騰となった。
このほか、東邦化学、永谷園、ナカバヤシ、和田興産、広栄化学、フジシール、エリアリンクなども上げた。

ここ大きく上げていたヒトコム、コメダ、日置電機(推)は下げた。やや元気のないダイトロン、白洋舎も下げた。

年が明けてからの上昇ピッチの速さは気にならないでもないが、日本企業の好業績見通しからすると、海外株に比べれば、むしろ上昇率は小幅とさえ言える。とりあえずは、警戒は怠らず、なお強気で押すところだろう。

主力株や、人気で大幅高が続くような銘柄は、それなりに割高感が出て来る局面だろう。
これまで通り、割安で出遅れ感のある好業績銘柄を中心に運用していく方針を貫きたい。

低PERのタクミナ、東邦化学、ロジネット、RPA関連のコムチュア、アイティフォー、上っぱなれて来たマニー、日特エンジ、リゾートトラストなどに注目。
また、完全に反騰軌道に入った太陽誘電、わけもなく6連続安となっている白洋舎、同じく半導体関連の下げ過ぎダイトロンも、ここからおいしいところだろう。

1月09日 23時58分記


Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2971-46ac5705