FC2ブログ
前稿で、こう書いた。
>ロジネットは1850円まであって1812△53。なにやかにや言っても、これほど安すぎる株はない。いずれ、なんであんなに安かったんだろうと、しみじみ思うことだろう。

賛同する方が多かったか、同社株は、一時2050△238まで急騰した(終値は1906△94)。

さて掲示板では「PER8パー」(PERピーイーアール8倍のことらしい)ということで話題になっているが、例によってこれはヤフーファイナンスにある「詳細情報」欄にある
PER(会社予想)  (連) 7.75倍
を見て書いていると思われる。こういう数字を使ってはいけないというのは、私がいつも言っていることだ。
つまり、これは名目値であり、経常利益と比べ純利益が異常値になっていないかをまずチェックする必要がある(ロジネットの場合は、これはクリア)。次に、現在は12月末、3月決算会社のロジネットの場合、PERは今期=2018年3月期ではなく来期=2019年3月期を使うべきだ(あとわずか3ヵ月で今期は前期になってしまうのだから)。

①2019年3月期の予想1株利益は、新四季報の数字をそのまま使うと270.5円
②純利益を経常利益の7割(法人税率の実情を踏まえこれまでの6割を2018年初から変更)とみなす実質1株利益は304.1円

来期予想PERを計算してみよう。
①の場合=1906(円)÷270.5(円)=7.0(倍)
②の場合=1906(円)÷304.1(円)=6.2(倍)

つまり、PERは8倍ではなく、7.0倍、鎌倉理論的には6.2倍なのである。
私は同社株が、このような低株価であるのは、どうみてもおかしいと言い続けているわけだが、掲示板のやり取りを見る限り、やはり、多くの投資家が同社株のPERさえほとんど分かっていないことがはっきりした。
そこで、計算方法も含め詳細に同社株の本当のPERをここに明らかにし、割安大化け銘柄を必死に探している多くの投資家に提供する次第である。PER10倍に買うだけで株価は3040円、時価の1.6倍になる。

12月28日 21時19分記

28日の相場は、主力大型株中心に下げた。日経平均、TOPIXとも0・6%の下落。JQは0.1%の小幅安。
当道場銘柄は高安まちまちだったが、主力どころに大幅高するものが多く、全体としてはまずまずの値動きだった。

ロジネットは出来高も8200株と膨らみ、いよいよあり得ない超低PERに関心が高まってきたようだ。今日の動きは本格反騰の序曲に過ぎないだろう。
同様、雌伏を強いられてきた東邦化学も687△14と連騰、今後に期待を抱かせるいい動きだった。

ヒトコムは大幅高の後、マイナス圏に沈む場面もあったが終値は2889△47。やはり3000円大台替わりからさらに化けることを予感させる大物の風格を漂わせる動きとみる。

永谷園の動きが軽やかになって来た。1443円まであって1433△22。同業他社と比べはるかに低いPERからして5月につけた年初来高値1572円更新もあり得よう。

ナカバヤシは年初来高値にあと1円の754円まであって752△10。私は高値の一歩手前と考え754円で500株だけ売りを出したらなんと約定。ただし790円前後を一応想定しているので大半は温存、持ち越した。

太陽誘電(推)は、相変わらず高くなると売り物が湧いて来るがそれでも1742△9で2連騰。岩井コスモの目標株価引き上げという援軍も加わり、やや期待が高まるところ。5G関連の本命という声もあり、半信半疑ながら、期待を持って見て行こう。

タクミナ(推)、コムチュアは反落した。一息入れて、この後に大相場が来るとみる。

リゾートトラストは、私が2590円前後で少し買い増ししたら、終値は2555▼37。まあしかしここは買い場だろう。
マニー(推)も、ここ意味深な動きを続けるが一触即発とみる。こんな水準に甘んじている玉ではないだろう。

12月28日 23時57分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2965-f3bc0f50