FC2ブログ
前稿で夢の街の上げっぷりのすごさについて書いたら、04日は2075▼316と暴落した。この日は夢の街に限らず、ここまで大きく上げて来た銘柄で急落するものが、やけに目立った。
アバールデータ2830▼500
ペッパーフード6120▼715
力の源1859▼219
田中化研2040▼164
博展974▼130
などである。
オハラだけは、しぶとく3155△25と上げた。
いずれにせよ、激しい値動きが最近の相場の特徴であり、油断せず、大きく吹き上げた局面では、少なくとも一部は売るのを原則とした方がいいだろう。

日経平均、TOPIXとも0.5%前後の値下がり、JQ、マザーズも下げたが、当道場銘柄は、高安まちまちで相対的に健闘したと言えよう。

日置電機(推)は2667円まであって2651△23で年初来高値を更新。
前稿で出遅れの内需株として挙げた白洋舎は4150円まであって4095△145と急伸した。栗本鉄工も2343△43。

トーカロ、トリケミカルが大きく下げるなど、半導体関連の一角はなお波乱含みの動き。

太陽誘電(推)、ダイトロン、ウィルグループなどは下げた。

ヨーロッパ各国株は高く終えたわけだが、現在HYダウは200ドル余りの大幅高、NQも高い。為替も1ドル113円ちょうど前後の円安。この流れで行けば、05日の日本市場はハイテク中心の上げになる可能性が大だろう。その場合、半導体関連も戻すことになろう。
東邦化学(789▼5)は調整中のわけだが、さらに下があるようなら買ってみたい。いずれにせよ再騰局面入りは近いだろう。
太陽誘電も地合いが好転すれば大きく戻そう。

ロジネット(推)は、一時は10円安まであったが切り返し1865△15と3日連続の高値引け。11.14日に1824△164と急伸した時は翌日の1859△35どまりで失速した。今回、この1859円を上回り3連騰したのは、先行きの明るさを暗示するものかもしれない。

12月04日 23時50分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2946-9c7ddbe3