FC2ブログ
17日の相場も結局、主力株中心の上げになった。
日経平均は0.4%の上げとなったわけだが、単純平均は0.08%の上昇にとどまり、騰落銘柄数も値上がり971、値下がり931だったことで分かるように、高安まちまち、中小型株に限れば弱含みだったのである。
JQは0.05%のプラス、マザーズは0.2%のマイナスだった。マザーズは3日続落となる。

それでも、全体としてみれば、主力株一辺倒の流れにも、やや鈍化傾向が出て来たようにみて取れないこともない。
こういう環境で、当道場銘柄は、前日大幅安した銘柄が多かったこともあって、堅調なものが多かった。

前日急落したフルヤ金属(推)は4145△230で下げ分の8割を取り戻した。

一方、4日続落で合計で495円下げた日特エンジは4385△55で下げ分の1割強しか戻せなかった(高値では4485円まであったのだが)。
同じく、ここ弱い動きに終始していた丸和運輸機関(推)は、マイナスに沈む場面もあったのだが踏ん張り、2389△10と連騰で終えた。
両銘柄ともダメージが強烈だったため、戻り待ちの売りも多く、こうした弱弱しい戻りになっているのだろう。徐々に戻りも力強くなる可能性大と期待しよう。

太陽誘電(推)は1779△10だったが高値は1797円。これは8.07日以来の高値となる。じりじり上げているわけだが、業績、PER、事業の将来性、材料を総合判断すると、私はかなりの自信を持って、ここから大幅高とみる。まずは7.28日につけた1918円の年初来高値更新とみておこう。

ダイトロンは2047△42と急反発した。10.10日につけた2063円は更新できなかったが、終値としては戻り高値となった。チャートは、一貫してきれいな上昇を見せており、ここは微妙なところだが、9.28日につけた2102円の年初来高値更新が、近々みられるかもしれない。そうなると、今期業績の上振れも意識され、大きく上っ放れる期待が出て来よう。

カネヨウ(推)は161▼2で3日続落となった。とは言え、高値圏で踏ん張っているとみることも可能で、そろそろまた噴火があってもおかしくない。

10月18日 0時31分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2906-c1cc6135