FC2ブログ
28日の相場は、全固体電池・電気自動車(EV)関連一色と言いたいような様相となった。
きっかけは日経朝刊に「掃除機の雄 EV走らす」の大見出しで、ダイソンが「2020年までに電気自動車に参入すると発表した。」との報道。しかも同社は電池を自前で調達、採用するのは「全固体電池」だという。トヨタも全固体電池の開発を急いでいるが、これを採用しての電気自動車発売は一説には2022年と言われ、いずれにせよ、ダイソンの2020年より遅いのははっきりしている。

「全固体電池」というわけでまずは本命=オハラ(推)が買われ、2340△388まであって2281△329(東証1部値上がり率1位)。「全固体電池」関連としては、ほかに日立造船、村田製作、三井金属なども買われた。
また電池関連全般も買われ、FDK、古河電池などのほか、東海カーボン、日本カーボンなども急騰した。

ダイトロン2067△112、アイダエンジ1317△39も上げたが、こちらは電気自動車で買われたのかは微妙だ。

フルヤ金属(推)は3920△170と急伸、連日の年初来高値更新となった。正直、どこまで行くのか読めない。ただ9.22日から3立会日、調整しての出直りなので、もう一段高がありそうだ。

丸和運輸(推)、ロジネット(推)は、ともに大幅安となった。電気自動車の熱気にあてられた感があり、この熱気が落ち着けば、出番があろう。

いずれにせよ、中小型の好業績材料株には追い風が吹いており、その中で出遅れているものも、今後人気化が期待できるので、じっくりキープして行こう。
東洋合成、日特エンジ、日置電機、ウェーブロック、アマナ、ソリトンシステムズなどである。

【カネヨウの IOT 寝具】
カネヨウ(推)は、「IOT 寝具の開発」を今後の成長戦略の一つに掲げているわけだが、その内容についての会社が発表したものを示しておこう。
>インターネットやセンサーと枕や布団等の寝具類を組み合わせたIOT 寝具の開発に取り組んでおります。今後、需要の増加が期待される、老人ホームや介護施設向けの業務用や睡眠の質の向上に敏感な個人向けに開発を進めてまいります。

9月29日 0時12分記

追記=今、TBS系「ニュースバード」で、O157感染患者発生(群馬県)のニュース。ニイタカ(推)に追い風。(9.29日0時17分記)
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2892-9af5074c