日経平均等は小動きなのだが、個別銘柄は1日で激しく乱高下、大幅高でよっても最後は下げて終わるとか、寄り前の気配は大幅安なのに高く寄る、7.27日につけた年初来高値あるいはわけもなく突如急騰・急落するといった具合で、やりにくいこと、おびただしい。

丸和運輸機関(推)は4730△55で始まったのだが、4500円まで急落終値は4590▼85だった。
フルヤ金属(推)は寄り前の気配は前日比大幅安だったが、3445△50と高寄り(終値は3400△5)だった。

オハラ(推)は買い気配から大幅高で寄り、1607円まであって終値は1555△117(東証1部値上がり率6位)。出来高も前日の5倍以上の138万株余に急増した。7.27日につけた1641円の年初来高値が意識されるところだ。

前日急騰した東洋合成、アテクトは、ともに反落した。大幅高しても連騰はせず翌日はこのように下げるケースが、最近は多く、これも相場をやりにくくしている。

9月08日 0時07分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2877-d2737196