上海出入境検験検疫局はこのほど、日本より輸入された「北海道大雪山ゆきのみず」から基準値を超えたクロロホルムが検出されたため、すべて返品したことを明らかにした。中国経済網が伝えた。
中国の基準「食品安全国家標準パッケージ飲料水」ではクロロホルムの含有量の上限を1リットルあたり0.02ミリグラム以下としている。今回のように輸入飲料水から基準値を超えたクロロホルムが検出されたのは、上海の通関地ではここ数年で初めてのことだ。
説明によると、塩素は国内外の多くの水工場で使用される主要な消毒剤で、塩素系消毒剤は飲料水の原水中の天然有機物と反応して消毒の副産物といえるクロロホルムを生じやすい。この化合物のクロロホルムは麻痺作用があり、心臓、肝臓、腎臓に損傷を与え、人体に深刻な危害を及ぼす可能性がある。(提供/人民網日本語版・編集KS)
配信日時:2017年7月28日(金) 0時20分

このニュースは掲示板にも載せられ、ロジネット(推)(「ゆきのみず」を販売)株主の多くの方にはぞっとするようなバッドニュースだったろう。しかし、中国発のこの手のニュースは怪しいものも多いので、私は半信半疑だった。無印良品、花王等、この手のガセネタで被害をこうむった企業は枚挙に暇がないのだから。
そこで私は会社にメールで問い合わせる一方、ネットで会社からの回答を得たというような記事がないか検索した。そうしたら以下の書き込みを発見したので、転載する。

この記事は嘘です。会社に確認しました
株式会社ロジネットジャパン
ゆきのみず販売事業部
「現時点では 中国 上海当局からのご指摘はなく、また、中国向け弊社商品をお取り扱いいただいている
全てのお客様に確認致しましたところ、現時点ではそのような事実は確認されておりません。
弊社といたしましては引続き事実確認をしてまいりますが、現時点では人民網日本語版にて
報じられている返品された事実は確認できません事をお知らせいたします。」

8月07日 20時27分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2853-2844b08b