11日の相場は、全般、堅調だった。日経平均、TOPIXは0.6%前後の値上がりだった。JQは0.3%、マザーズは0.9%の値上がり。

当道場銘柄は、大半が上げたが、値動きの激しさは相変わらずだ。
エスプール(推)は寄り直後に3350△170まであったのだが、9時46分には3160円▼20まで急降下、終値は3195△15。

クレステック(推)は1760円まであって1731△82と大幅高。業績・配当の上方修正期待があり、じりじり上げる展開が期待できよう。「拡張現実対応スマートグラス向けコンテンツ制作でセイコーエプソンと協業。」(四季報前号)、「スマートグラス活用した取説のデジタル化急ぐ。」(四季報今号)という未評価の面白い材料もある。特に「取説のデジタル化」は、意外に大きな材料かもしれない。

丸和運輸機関(推)7.03日以来となる終値での4000円大台回復となった。4010△80。SBS(推)、ロジネット(推)も小幅高。
ウェルシア、薬王堂、ツルハのドラッグ各社もそろって上げた。どん底まで落ちていたLITALICO(推)も1553△42と大幅続伸。ここ上げていたアテクト、オハラ(推)は下げており、要するに循環物色だったわけで、こうしためまぐるしい値動きが、投資家を惑わせ、出来高減を招いているのだろう。
目先の動きに惑わされず、大局観を持って行動することが重要だ。バイテック、スターツ出版は年初来高値を更新、泉州電業、エステー、萩原工業も上げた。ウィルグループは久しぶりに1000円大台を回復、
日本化学産業、本多通信、フジマック、インターネットインフィニティーなどは一服。

こうして、値動きを振り返ってみると、オハラが、ここでは特に狙い場のように感じる。アテクトも魅力たっぷりだが、ここから新規に狙うのは、それなりにリスクを覚悟する必要があろう。
丸和運輸は、4000円大台回復で、正念場を再び迎えた。以前にも書いたわけだが終値の最高値4240円を上回って引けると4735円高値挑戦の可能性も出て来るだろう。

7月12日 0時20分記


Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2829-d3b90d29