日経平均などの水準自体は高いのだが、これは主に外国人投資家の買いによるもののようで、相場自身は盛り上がりに欠け、個人投資家は白けているように思われる。

①売買高はここ連日で20億株を割り込んでいる。
②空売りが積み上がっている。
③掲示板は書き込みが異様に少ない。

個別に出来高を見ても、ニイタカ1400株、日東ベスト(推)3000株、協立電機4500株はともかく、最近まで人気を集めていた銘柄でも遠州トラック10500株、エスプール(推)11000株などと、目を覆いたくなるようなありさまだ。
このため、わずかの売り買いで株価は激しく動くことになる。うまくいけばいいが逆になると、買ったとたんに数%値下がりといったことが簡単に起きるので要注意だ。

こうした閑散相場のうえに、動きのいい限られた銘柄には買いが集中する(以下に示す)ので、その他銘柄は一段と閑古鳥が鳴くという構図のわけである。

PR TIMES 4315△615
扶桑科科学 4030△160
平田機工  11700△650

などである(この3銘柄は07日、年初来高値を更新)。

当道場銘柄では、丸和運輸機関(推)が連日の年初来高値更新。
ただ、06日は高値3525△145まであって3425△45、07日も3590△165まであって3475△50と、2日連続で、高値からは大きく下げて終えた。あそこで売っておけばと悔やむ方も出ようが、難しいところだ。大きく噴いた所では一部は売るというのは良い戦法だが、大きく噴いた所がどこかの判断が難しい場合がある。
それはともかく、とりあえずは3700円~4100円程度を想定しておくところか。

アマゾン関連は遠州トラック1660△10、ファイズ7070△150と上げたが、ロジネット(推)は1200▼50。
アマゾンが公表している配送業者の連絡先一覧に「丸和運輸機関」の文字が出現。掲示板で私も知ったのだが、これまでは「ジャパンクイックサービス」とあったのが変わったのである。理由は分からないが、ファイズの下に丸和運輸機関とあるのだから、それなりにインパクトは大きいだろう。

ファイズの上にあるのが札幌通運=ロジネット
07日の出来高はついに5000株まで減少したが、他のアマゾン銘柄が次々大きく買われる中で、割安が際立っている。認知度向上が最大の課題だが、分かりやすい話なのだから、それも時間の問題だろう。

ウエルシア、ツルハはそろって続落となったが、今の地合いにマッチする内需好業績銘柄として、強気でいいだろう。同様の観点から、私がここ少し買ったのが薬王堂。業績絶好調で5.29日に3605円高値を付けたが07日は3410△25。高値更新から一段高が期待できよう。

LITALICO(推)は1627▼42と前日の上げ分以上に下げた。やはり立会外分売で買った投資家の売りが出たとみるところだろう。早晩、こうした売りは終わるわけで、焦らず反動高が来るのを待とう。

6月08日 0時03分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2803-a1500217