06日の相場は、円高が重しになって大幅安となった。業種別では空運以外は下げ、特に、医薬品、海運、機械の下げが大きかった。

当道場銘柄は、それでも比較的健闘した。
ウエルシア、ツルハは、さすがに連騰疲れもあってか反落、SBS(推)、エスプール(推)、日東ベスト(推)も下げた。

一方、丸和運輸機関(推)は3525△145まで急伸する場面があって3425△45と連日の年初来高値更新。完全に人気株になって来た。
LITALICO(推)も1669△25と逆行高。分売は6.05日に終了したわけだが、ようやく分売の呪縛から解き放たれたことが好感されたとみるところか。分売で買った向きの売りが気にならないでもないが、ここまで分売が重しになってもたついていたわけだから、基本的には、そのもたつき分を取り返す動きとなろう。

ロジネット(推)は1220▼45まで下げる場面があったがやや持ち直し1250▼15。ここ、後場後半に買いが入り粘る展開となっている。急騰後の調整を終え反発、今はそのあとの微調整期といったところ。薄商いで様子見の投資家ばかりとも見える。いずれにせよ、もう少し出来高が回復することが望まれる。丸和運輸人気の波及、新四季報発売などが人気復活の起爆剤になるかもしれない。いずれにせよ、いずれは、こんな株価では終わらないという信念で。

6月07日 0時23分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2802-3e06df64