ロジネットジャパン(推)は、例によって、高寄りしたものの、後場に入ってそれなりの売り物が出て、一時1280▼20まで下げたが、今日は前日の逆で、その後買いが入り、結局1328△28の高値引けとなった。
とは言え、出来高は16000株と少なく、前日の20000株をも下回る。

私独り「アマゾン関連」と叫んでいるが、まだ半信半疑の人も多かったり、あるいはまったく「アマゾン関連」と気付いていない方が大多数のようだ。
「新四季報で、どのような記述があるか楽しみですね。」とおっしゃる方さえいる状況だ。
ならばと、血眼になって情報を探った。

探索すること数時間、四季報のロジネットジャパンのところ(1680ページ)に、以下の記述があるのを、ついに発見した!

>アマゾン向け荷物増加中。」

と言ってももちろん今号でも新四季報(6月発売予定)でもない。2016年2集(春号=2016年3月発売)である。
このときは四季報オンラインの「サプライズ銘柄」にも選出されたのだが、たいして上げなかったようだ(このことはさらに調査を進め判明)。当時はアマゾンといってもそう反応する状況ではなかったのである。

ただロジネットの掲示板の参加者は僅少、情報がほとんど拡散しないように思われる。一方、遠州トラックの方は、同社株が本日一時急騰したこともあってコメント殺到である。そこに以下のようなコメントもある。

一時ほどの新鮮味が薄れた、勢いが止まった感は否めない。新たなアマゾン銘柄を待望する。(掲示板307)
やっぱ「アマゾン関連」のテーマはそれだけで超強力。決算からも恩恵ありあり。こんな銘柄他にないよね。(同300)

ならばここで、ロジネット=アマゾン関連の広報に励めば、一気に情報は全国に拡散しそうだ。

いやいや他にとっておきのがあるんですよ。
「待望の」新たなアマゾン銘柄は
9027(札証) ロジネットジャパン

5月16日 23時33分記

【相場について】
16日の相場は、全般は小幅高だったわけだが、当道場銘柄は、高いものが目立った。
エスプール(推)は、前稿で強気を書いたが2718△192(JQ値上がり率16位)の高値引け。SBS(推)、ロジネットのアマゾン関連はそろって上げた。遠州トラックは1900△270まであって1715△85と目まぐるしい値動きだった。
アルバックが5870△190と上げ年初来高値に迫ったが、半導体関連は軒並み高となった。
ダイフクは連日の年初来高値更新、ミネベアミツミも上げた。ファンデリー、PR TIMES、チエルも高い。
いまいちの決算だったフジッコは高かったが、日東ベスト(推)、不二製油(推)、ヨコレイ(推)は下げた。

LITALICO(推)は1715△32まであったがその後マイナス圏に沈み終値は1681△17。エスプールも終値は192円高だが、安値では14円高だった。このように1日で激しく乱高下するのが今の相場なので、よく心得て対処するようにしよう。LITALICOの場合、依然3.4円の逆日歩が続いていることでもあり、強気堅持。私は全株信用買いなので、かなりのボーナスが入った。
ロジネットは、ここ3日連続で20円台の比較的穏健な値上がりとなっているが、いつ100円幅以上の急騰が見られてもおかしくない。

5月17日 0時07分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2782-1cbe3227