>例によって日本株だけが異様なくらい大幅な下げを演じたわけだが、07日は、このまま行けば反動でかなりの戻りが期待できよう。

と書いたわけだが、07日の相場は、2転3転のめまぐるしい値動きの末、1部、JQ、マザーズそろって上げて終えた(2部の下落はシャープのためで、これを除けばかなりのプラス)。

前場中ごろにアメリカによるシリアへのミサイル攻撃が明らかになり、大きく下押したが、持ち直したわけである。数十年前は「近くの戦争は売り遠くの戦争は買い」という言葉が結構使われたりしていたが、その後は、戦争は、どちらかというと売りという傾向が強まったように思う。しかし、近年は、一概にどうこう言いにくいというのが、妥当な見方だろう。いずれにせよ、戦争即売り(あるいは買い)ではなく、直後の反応が一段落した後は、戦争の帰趨、行く末、世界経済への影響等を予想しながら株価は動くということになる。

中国がシリアがらみでロシアに急接近とか北朝鮮が暴発とかいった思わぬ、過激な展開にならなければ、さほど気にしないでよさそうというのが現状だろう。

07日のアメリカ株は小動き(NYダウは小幅安、NQは小幅高)、為替は1ドル111.10円とやや円安に。こういう状況でCME日経平均先物は18825円で東証終値比+105円(0.6%)となっている。
ここ、やや主力株優位の値動きで、中小型株は大きく売られその後の戻りも鈍い状況なので、10日(月)は、中小型株は期待できそうだ。

3月本決算の発表も近い(4月下旬から5月半ば)、つれて業績の修正の発表をするところも出て来る。というわけで、ここからは、好業績期待の強いところ、最近の値動きが良い銘柄が良いだろう(買うという意味では必ずしもない。売る場合はもっとも後で売る)

ニイタカ(推)の動きがいい。2017年5月期、6-2月期決算発表で大きく売り込まれたわけだが、これはどう見てもありえない反応だったことは、前に書いたとおりである。同様に好決算を1日前の3.30日に発表、売られた夢の街は、その後戻し4.07日の829円は決算で売られる直前の846円までわずか17円(0.2%)だ。
ニイタカの場合、決算で売られる直前の株価が1955円で4.07日は1782円だから173円(0.9%)も、まだ下の水準にある。2100円の史上最高値更新も十分ありうるという考えは変えていないが、0.2%下なら1916円だ。

LITALICO(推)は4.06日まで3日続落となったわけだが、前回の3日続落後は、その下げをばねに年初来高値更新をしている。今回も1897円更新となるかは地合いにもよるが、少なくともここからかなり戻す流れとみる。

フジッコの動きがいい。業績上方修正はほとんど確実とみるので強気に行きたい。これは日東ベスト(推)も同じ。不二製油(推)、ヨコレイ(推)も業績見通しは良い。

ダイフク、ツバキ・ナカシマ、ミネベアミツミは、07日大きく上げたが、これら銘柄は為替が110円以上なら、期待できよう。

遠州トラックは07日、1382△300まであって1324△224。出来高は前日の21倍で3.22日に1577円高値をつけたときをも大きく上回った。また終値としては新高値である。ヤマトがアマゾンの当日配送から撤退する方針を固めたと07日、日経朝刊が報じたわけだが、あの記事の株式相場的重要ポイントは、ヤマトの穴は日本郵便ではまだ埋まらないということだ。当然、遠州トラックは、今後大きく受注を伸ばすとみていいだろう。アマゾンの仕事は利益なき繁忙だと言う向きがあろうが、ヤマトの平均年収は886万円、日通の607万円を大きく上回る。そして遠州トラックは463万円である。ヤマトにとってアマゾンの仕事は利益なき繁忙でも遠州にはおいしい仕事であろう。
蛇足ながら大東建託の年収は927万円、これは大成建設の918万円を上回る。
お勧めするわけではないが、遠州はさらに大幅高する可能性があろうと言いたいのである。

「動きの良い銘柄」として挙げた(3.31日付け)エスプールの動きがいい。07日は1950△136と年初来高値を更新した。

4月09日 22時39分記

追記=待てよ、と再チェックしたら、ヤマト(ヤマトHD)の年収欄は単…名となっている(四季報)(単=単独)わけだが、古い号を見たら単147名(ちなみに連は20万名弱)とあった。連結、単独の人員構成等も考慮しなければならないが、ざっとみてヤマトの賃金は、トータルで見て日通よりは少し上、650万円程度とみるところか。いずれにせよ、遠州よりははるか上なのは間違いない。 23時00分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2755-e4819c0e