3.31日まで、中小型株というか当道場銘柄はおおむね堅調な相場が続いて来た。その反動もあってか、4.03日は、中小型株には、わけもなく大きく売り込まれる銘柄が続出した。

夢の街766▼55、かどや製油5550▼170、チエル1989▼139、そしてニイタカ(推)1837▼118などである。いずれも最近大きく上げたという共通点がある。その反動が出たという側面があろう。

それとニイタカと夢の街には決算発表という共通点がある。夢の街は3.30日引け後の発表だが、2月中間期は2.60億円→3.68億円と上方修正したが通期予想(会社予想=四季報予想)は買えなかった。これで3.31日821▼25,4.03日766▼55のわけで、これなら、今日のニイタカの下落率も、そう不思議がることもないかということになる。
いずれにせよ、とんでもなくいい決算でもない限り決算発表では中小型株は売られるということだろう。
前稿で書いたように、ニイタカの場合、通期業績の再上方修正の可能性は非常に大きく、決算即売りのパブロフの犬的反応による売りの後は、見直されよう。上方修正の時の会社心理は、

もし、この上方修正の数字を下回ったらなんと言われるだろう→超控え目な絶対達成可能な数字にとどめておこう

といったところだろう。だから期中の上方修正の場合、再度の上方修正となるケースが多いのである。

LITALICO(推)は1897円まであって1854△14で、年初来高値を更新した。1802円まで下押す場面がありながら大きく戻したわけだが、いよいよ本格上昇スタートとなるかもしれない。かつての推奨銘柄のエランはいつのまに1988△147まで来たが、LITALICOも素質からして負けない内相場が期待できよう。

ベルーナが突如急伸、一時887△50まであって870△37と年初来高値を更新した。十分調整してきただけに、今度こそ900円大台がわりしてほしいものだ。

ヨコレイ(推)も1128△22と反発、フジッコも2554△13と反発した。この2銘柄も調整十分なので、今後に期待。

4月03日 23時27分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2751-ad26a061