四季報が15時半頃といつもより早く来て(ヤマトの愛想の良い方が早過ぎてすみませんと仰っていたが、何をおっしゃるヤマトさんである)、ために今回は比較的余裕を持って読める。
といってもまだ8割程度読み終えたところなので、以下、必要なことのみ、ごく簡単に。

16日の相場は、期待通り、小型株優位の展開となり、当道場銘柄は、大半が上げた。
特にLITALICO(推)は1745△74と急騰、アピックヤマダ(推)、不二製油(推)、ヨコレイ(推)、日東ベスト(推)、渋谷工業、ダイフク、はごろもフーズ、ミネベアミツミなども上げた。

これら銘柄で、注目すべき新四季報の記述を紹介しておこう。

ヨコレイ=2017年9月期の予想経常利益は60.0億円→62.0億円、18年9月期は66億円→70億円に、今号で増額。
>スペインの高品質白豚「栗豚」を量販店や外食店向け提案。とある。

日東べスト=予想経常利益は2017年3月期16.0億円(会社予想は14.0億円)→16.5億円、18年3月期17.0億円→18.5億円に、大幅増額。(2017年3月期16.5億円としていたの誤記で上記のように16.0億円に訂正・お詫びします)

ダイフク=予想経常利益は2017年3月期215億円→230億円、18年3月期220億円→255億円に、大幅増額。

はごろもフーズ=「日清食品の焼きそば新製品に削り節が採用。ブランド力向上に一助。」とある。

ミネベアミツミ=予想経常利益は2017年3月期440億円→470億円、18年3月期530億円→650億円に、大幅増額。

フジッコ=【シニア市場】「ロコモティブ症候群」防止も意識した冷蔵惣菜「ベスタデリ」に手応え、高齢者向け中心に拡販。 とある。

アメリカの利上げペースがゆっくりになりそうという観測が影響してか、円高が進んでいる。
現在は1ドル113.00円。日東ベスト、ヨコレイ、フジッコ、はごろもフーズなどには円高はプラスなのは、言うまでもない。17日から1部昇格のLITALICOも円高は無縁なのは心強い。
輸出関連も、中小型株は、最近は円高にそう大きく影響されなくなっているように思う。

3月17日 1時07分記



Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2737-538f781c