相場は、ここ、やや中小型株優位の展開となっており、特に当道場銘柄は、アピックヤマダ(推)の快進撃もあって好調だ。
推奨銘柄以外で、最近挙げた日東ベスト、ダイフクの動きがいい。

日東ベストは、ここ変わらずを挟んで9連騰、ついに1000円大台に乗せた。出来高が少ないのと、連騰中だったので、推奨銘柄にしなかったのだが…4-12月期決算では、経常利益・純利益とも、すでに会社の通期計画を上回っており、今期業績の大幅上方修正は必至だ。来期も続伸が予想され、来期予想1株利益は名目で100円接近、実質でも92円程度が予想される。PER20倍以上が普通の食料品株で、この低PER(来期ベースで10倍~11倍前後)は、なお超出遅れであり、一息入れるにせよ、ここからさらに大幅高の可能性大とみる。

ダイフクも、ヤマト運輸問題(物流ボトルネック問題)もあって、同社の立体自動倉庫等の物流機器事業への注目が高まっている。また半導体関連でもあり、ここから上昇加速となるような気がしてならない。私も、これに気付くのがやや遅れ、持ち株は少ないが、ここから買い増していく方針だ(こういう大型株は、こう書いても影響ほぼゼロなので書くわけである)。

不二製油(推)、ヨコレイ(推)、フジッコ、TOKAI HD(推)などは一服となっているが、割安、出遅れは明らかであり、目先の動きに動揺せず、強気でよい。

動きの悪い銘柄で、いつまでも動かない(あるいは下げ続ける)ものは、ある程度(の株数)は見切り、動きのいいものにチェンジ、ポートフォリオを時流に合ったものに、日々、組み替えていくことが、好結果につながる。嫌でも、苦しくても、そういう行動をする癖を身に付けたい。

過去の銘柄(よって当然実績にもカウントしない)で、ここ天井知らずに上げるものが目立つ。
アビスト4300△280、エラン1627△24、夢テクノロジー2165△125などである。どこまで売らずに持つか、何十年株をやっていても、その極意を掴むに至らない。この3銘柄、私は夢テクのみ少し保有。

LITALICO(推)は1636▼34。しかし、この銘柄など、じっくり持っていれば2000円など軽く突破しているような気がしてならない。
ニッチ分野でガリバー化が予想されることから期待した当道場銘柄としては、N・フィールド、アトラがあり、どちらもそれなりに上げたが、最近はやや元気がない。それは意外に早く店舗展開が進んだり、既存業者の壁が意外に厚かったりしたためだろう。しかし、LITALICOの場合、そういう懸念もごく小さい。詳しくは別の機会に譲るが、今後も膨大な市場が残されており、またLITALICO希望者(困った末の表現なので了とされたい)がたくさんいそうなのである。さらに既存拠点の利用者数も増加が続く。

>アピックヤマダは527円(昨年来高値更新)まであって510△5。出来高は約40.3万株だったが、1.20日は同259.3万株だった。今後出来高が増加、株価もそれにつれて上げるという展開を予想している。259.3万株を上回るとき、株価は600円とかそれ以上になっているか(正夢になるか妄想に終わるか。これ以上書いてあれこれ言われるのも嫌なので、ここまでとする。真意はお分かりいただけよう)。(2.26日付け)
としたわけだが、594円まであって574△29。なお出来高は84.2万株であり259.3万株にはほど遠い。(といっても、人気化すれば一気に届くこともありうる)出来高を注視しつつ、対処法を考えよう。ただ、目先を離れ、FOWLP、同社の将来性を考えると、やはり、じっくり熟成を待った者の勝ちということになるのではないか。

週末のNYダウはほぼ横ばい(0.01%高)、為替は1ドル114.05円とやや円高、CME日経平均先物は9円安。
中小型株にほどよい数字であろう。

3月05日 22時16分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2725-a1f424fb