気迷い症状の相場が続く。やはりトランプ政権がどこに向かおうとしているのか、誰もつかみきれず、フランスも波乱含みと来ては、おちおち株もやっていられないということか。

デザインワン(推)が2996円まであって2976△281と急騰、昨年来高値を更新した。
N・フィールド(推)は3連騰で1505△17と1500円大台を回復した。07日の決算期待があるのだろう。2016年12月期は減益見通しを公表済みで、大きなサプライズはなかろう。問題は2017年12月期、どういう数字を出してくるか。予想経常利益は四季報、会社情報とも9.00億円(2016年年12月期予想は4.6億円)と、かなりハードルは高いが。
この他TOWA、昭和真空(推)、アルバック、大本組、インフォテリアなどが上げた。

LITALICO(推)、オウケイウェイヴ(推)は下げた。
LITALICOの決算が、やや心配になり、改めて調べた(以前、確認したはずなのだが)。上期出店が順調に進んだことで、下期は6出店の予定を急遽追加出店で10出店にした。この先行投資のため、経費も増えるので通期業績は(上方修正になるところ)据え置いた。(第2四半期決算説明資料)
要するに人件費増等もこなして上期は順調、下期も追加出店しても通期予想は達成できるという趣旨の説明であった。じっくり調整したので、いつ反騰に転じるかだけだろう。

インターワークスは1134▼63まで下げる場面があったが、そのあと1226△29まで急速に戻し、終わってみれば1197±0。IRJは続落となったが、IRJとは違いインターワークスの場合、10-12月期も前年同期比増益を維持しており、今期業績は予定通りに推移していることが評価されたとみていいだろう。そして、ここからは来期の大幅増益予想、製造業転職サイト「メーカーズ」の収益貢献を評価するところだろう。

2月07日 0時23分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2701-0f2d1074