インターワークスの決算について。
同社は3日、12時30分に決算を発表。株価は、これを受けて急落、3日の終値は1197▼104だった。

読者の方のコメントへの返信を、まずは転記させていただく。
>進捗率を云々する方がいますが、1-3月期の比率が高いので、 これはあまり意味がありません。
対前年同期比の経常利益の増益率推移は
4-09月期=18.8%
4-12月期=20.3%
でした。通期では24.0%を予定しているので、単純計算では 心持ち未達かといった程度でしょう。
ただ、不調だった採用支援事業で「定型業務を自動化するシステム導入で 採算確保」の方向であり、受注を拡大するとしています(決算短信)。 いずれにせよ、業績は「見通しに沿って推移」(同)しており、 予定の通期業績は達成できると判断して当然でしょう。
にもかかわらず売られたのは、
①四季報に「絶好調」とあるくらいでかなりの投資家が上方修正もあるか くらいに考えていた。
②ここ株価も急騰していた。
こういう状況下での予定線かわずかながらも下回るか程度の決算に過剰反応 したとみるところでしょう。
しかし製造業転職サイトを2016年2月から開始、これが来期から貢献という 未評価の材料があります。来期は大幅増益がこれにより期待できるので、 弱気になる必要はないでしょう。

この返信の後、気付いたのだが、アイ・アール・ジェイ(IRJ)も、まったく同じようなことになっていた。
IRJも3日、12時00分に4-12月期決算を発表を発表した。経常利益は前年同期比57.9%増益で、通期業績予想も9.0億円→10.0億円に上方修正、予想配当も33円→40円に引き上げた。
これで株価は前場引け値の1475▼29だったのが、後場の始値が1325▼181、その後の安値1281円まであって終値は1324▼182。
いやはやと言うしかないような下げだが、理由は
①10-12月期に限ると経常利益は前年同期の1.52億円が1.07億円と減益だった。
②通期予想は10.0億円に引き上げたが四季報予想の11.5億円よりかなり少なかった。
ということが考えられる。
とは言え、予想外の大幅増配がある程度、①、②のマイナスを打ち消すことも加味すると、12%強もの下落率は、いささか常軌を逸しているとしか思えない。
しかし、インターワークスは、10-12月期の経常利益は前年同期の1.45億円が1.81億円と増益だったにもかかわらず、あれだけ下げたことからすれば、そう異とすることもないと言えなくもない。

いずれにせよ、こうした決算を受けての過剰反応は、最近、常態化している。
こういうことがありうることを頭に入れておき、その反応が定着するのか、実態を正しく評価する動きが、そのあと出て来そうかを、冷静に判断することが重要だ。

求人情報サイト各社の来期予想実質PERを比較してみた。決算期は、リブセンスは2017年12月期(今期)、アトラエは2018年9月期、他は2018年3月期。

               株価   実質1株利益   実質PER
ディップ          2368円   113.4円      20.9倍
エン・ジャパン      2066円   100.2円      20.6倍
リブセンス         444円    9.8円      45.3倍
アトラエ         10500円   273.1円      38.4倍
キャリアインデックス  1732円   61.3円       28.3倍

インターワークス    1197円   71.4円       16.8倍

アトラエ、キャリアインデックスは、両社とも2016年にマザーズに新規上場した新鋭のため、期待先行で高PERになっていると思われる。リブセンスは低収益が高PERに影響していると思われる(1株利益1円とか5円の企業の株価がいくらになるか想像されたし)。

上表を見ればわかるように、インターワークスの低PERが目立つ。
同社の2013年3月期以降の業績を見ても、文句なく素晴らしいもので、あの驚異的暴騰を演じたディップには及ばないものの、エン・ジャパン等と比べて優るとも劣らない。
しかもインターワークスの場合、今期業績の問題点は会社も承知していて対策を打っている。これに加え、製造業転職サイト「メーカーズ」(2016年2.17日開始)が好調で、「今期中に黒字化」(『会社情報』)、「来期から貢献期す」(『会社四季報』)。
このように、今後は業績拡大がスピードアップしそうなのである。そして配当性向40%以上を明言しており、今期26.5円予想から来期は31.4円前後が期待でき(この場合配当利回りは2.6%)、高利回り株としての妙味も出て来る。 
今後、成長力アップが確認されれば、その時は第2のディップとの呼び声も出て来る可能性のある逸材ではないかというのが、私の見立てである。

株価見通し、その他銘柄等については深夜。

2月05日 19時17分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2699-886d7e7f