11日の相場は、前日とほぼ逆で、主力大型株中心に上げ、日経平均、TOPIXはともに小幅高だった。騰落銘柄数もわずかに値上がり銘柄数の方が多かった。ただ小型株指数はごくわずかな値上がりにとどまった。2部指数はマイナス、JQはプラスながら0.1%の値上がりにとどまる。マザーズは1.2%の大幅安。悪材料の出たUMNファーマはストップ安比例配分。

当道場銘柄は、前稿で
>2日続落し、早ければ11日にも反騰に向かう可能性がある。
としたLITALICO(推)こそ1452△24と上げたが、他は下げるものが多かった。N・フィールド(推)、リゾートトラスト(推)、TOKAI HD、TOWA、昭和真空(推)などである。
ここ、相場は一時の勢いを失い、一進一退になっており、方向感がつかみにくい。
2日続落したLITALICOが11日は終値はともかく一時は1478△50と大きく反発した。一方1.04日から3連騰で計1割以上も上げたN・フィールドは10、11日続落し上げ幅の半分以上を失うといった具合である。
目先の動きで判断するのではなく、ある程度の期間を見て株価が上向きなのか下向きなのかを判断することが重要だ。
LITALICOは12日以降の動きに期待しよう。

エコスは1418△21と戻り高値を更新。引け後発表の決算は・・・・
前日、可もなし不可もなしの決算を発表したデザインワンは安寄り後2228▲103まで売られたが、引けにかけ切り返し終値はなんと2335△4。相場は摩訶不思議なものである。

SJI(推)は93円まであった後88円まで下げ終値は91±0。
実は11日はビットコイン関連銘柄は、ほとんどが下げた。リミックス211▼13、インフォテリア790▲28、さくらインターネット997▼35、テクノスジャパン1340▼8、マネーパートナーズ553▼6、セレス1801▼33、フィスコ308▼6というように軒並み安である。
逆に言えば、こうした中で下げなかったSJIの強さが際立つわけである。

さらに引け後と思われるが、以下の発表をしている。

インテリジェントウィルパワー株式会社と株式会社SJI が
ブロックチェーンの実証実験を共同で開始

詳細は同社HPで確認されたい。いずれにせよ、ブロックチェーン技術で先行、テックビューロと資本業務提携したのをはじめ、ここ矢継ぎ早やに有力各社との提携、協業等を発表している。業績も昨年12.20日に上方修正するなど好調だ。
これだけの会社の株価が2桁の91円しかしない。このことに遅ればせながら気付いた投資家の怒涛のような買いが、ある日突如入るかもしれない(もちろん入らないかもしれない)。こう考えると、相場というのは楽しいものだとよく分かろう。妄想に終わるか現実となるかは分からないが、可能性に賭けるのも株式投資の醍醐味なわけである。

1月11日 23時46分記

Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2678-a350f97f