13日の相場も、全体としては強く、日経平均、TOPUXはともに6連騰となった。NYダウは2万ドル乗せも近い雰囲気になっているが、日経平均も2万円まで、あと750円弱に迫ったわけである。
とは言え、相変わらず、値下がりする銘柄もそれなりに多く、流れに乗るのが難しい状況は続く。

当道場銘柄は、値上がりするものが多かったが、悪役を演じたのがリゾートトラスト(推)。売り優勢で始まり2140円まであって終値は2162▼57。ただ、いつも言っているように、こうしたさしたる理由のない急落の後、同様な急騰があるのが、今の相場である。
日本ライフラインは12日は反発したわけだが、12日も下げ5日続落となったのが平田機工だった。しかし13日は両銘柄とも上げ、特に平田機工は6290△550と暴騰した。こうした動きが珍しくないのが、今の相場である。
リゾートトラストも、この急落を糧に本格的な戻りに入る可能性が十分あろう。

昭和真空(推)は1183△19。12.07日以降、意外に強い動きをしており、11.24日に付けた1238円を抜くと面白い。16日発売の新四季報が、どういう業績予想を出して来るかにも注目。その数字次第では急騰もありえよう。

TOKAI HD、オエノンは、ともに年初来高値を更新した。なおじり高が続きそうだ。特に、TOKAI(773△6)は、かつての推奨銘柄の日本瓦斯が連日の年初来高値更新で空前の高値となっているので、比較感からは850円以上、場合によっては4ケタもないではないだろう。

TOWAは1270円まであって1301▼7。このように、ザラ場でとんでもない値段をつけるので、推奨しにくい。しかし、業績大上方修正必至であり、突っ込んだところは買っておけば報われよう。四季報発売前がチャンス。

カネヨウ(推)は78▼1と続落したが、ここからは、むしろ買いで報われよう。78円以下は打診買い、もし75円以下があれば思い切って多目に買ってもいいだろう。上場基準がらみで、それ以上の下げは考えにくいからである。

12月14日 0時08分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2654-2d75055a