04日の相場は久しぶりに続伸となった。鉄鋼、精密機器の上げが大きく、前日大きく上げた食料品は下げた。
いずれにせよ、やや相場環境好転を感じさせる値動きだった。

比較的、好業績のまともな銘柄が買われる動きとも言って言えなくもない動きで、当道場銘柄には、堅調なものが目立った。

日本化学工業は246円まであって243△4、出来高も9.09日以来の多さに膨らんだ。長い揉み合いからようやく脱し、大きく跳ね上がる方向とみる。

UACJ(推)も大商いで320円まであって319△11。8.30日に付けた329円高値更新となりそうだが、材料も含め、最後の方で詳述の予定。

TOKAI HDは669△9まであったが終わり値は660±0。ここは足場固めをしっかりやっているということで、早晩、7月に付けた709円高値更新となろう。

ベルーナ(推)は657△14と続伸した。ここ株不足が続いているわけだが、さらに最近は一段と貸借倍率が改善していて、逆日歩が付く日が普通になりつつある。好業績と好取り組みで703円高値挑戦もありうるかという展開だ。

ここ動きの良かったテイカが558△24まであって552△18。チタン工業(当道場銘柄ではない)も204△17と急伸したが、これは酸化チタンや光触媒を研究している藤嶋昭氏(東京理科大学長)がノーベル賞候補に挙がっているためと思われる。18時45分頃発表された物理学賞受賞者は日本人ではなかったのでテイカ、チタン工業ももはやこれまでかと思ったら、藤嶋氏は化学賞候補のようなので、明日の発表。
あの飯島澄夫氏(名城大終身教授)も有力候補に挙がっているようなので、こちらが受賞となれば「カーボンナノチューブ」関連(帝人、東レ、ゼオン、リンテック等)が人気化することになる。しかし物理学賞とするところもあり、そうだともう脱落・・・・
注=物理学賞と化学賞の区分け難しいので、私の書いたのはあまり信用なさらぬように。

【UFCJに好材料】
04日の日経朝刊に「リチウムイオン電池部材」を「UACJ,海外生産」という記事が掲載されている。要約すると
>2017年からマレーシアでリチウムイオン電池の正極用のアルミ箔を生産する。まずは現地の電池メーカーや電動工具向けとして納め、将来は車載用も検討する。
コスト競争力を高め、リチウムイオン電池用箔の生産を現在の年5千トンから17年に7千~8千トンに高める。

鉄鋼新聞の記事(7.05日)によれば、「中国や韓国といった東アジアの電池メーカーへ営業を強化し、車載向けでの採用を目指していく。」という。

ヤフー掲示板では言及がないので、この材料が、どの程度知られ、株価に織り込まれたか明確ではない。
それはともかく、UACJは自動車の軽量化競争が激化する中、自動車向けにアルミ圧延品やアルミ構造材で大規模投資を続けることが、これまでの材料だった。これに加え、今回リチウムイオン電池の正極用のアルミ箔でも攻勢に出ることが明らかになったわけである。テスラとの関係も含め、これで電気自動車の普及加速となれば、同社の未来はバラ色だ。
「軽量化素材」、「リチウムイオン電池」という自動車産業におけるもっとも期待できる2大分野で、これだけの有望材料を有することが今後広く知られれば、株価は、今後昨年の高値358円更新から400円大台替わりが期待できよう。

10月04日 23時40分記

Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2598-753d9db4