15日も日経平均は209円(1.3%)の大幅安となった。
ここでお詫びしておくことがある。前にもあって書いたことなのだが、日経平均の先物は「限月(げんげつ)」が、9.09日から10月ぎりに変わったため、配当落ちした値段になっていたということである。(こういう表現でいいかやや不安だが、もし不適切だったらお許しあれ)。配当落ち分は140円~150円程度と予想されているようだ。よって、日経平均先物は、今後も、9.27日までは、この分(145円とみておこう)だけ、現物の日経平均より下になるわけである(日々の値動きは除いた理論的価格)。
どうも最近の先物価格がおかしいので、取引先の博識の営業マン氏に聞いて分かったというお粗末な話だが、これで最近の先物がいつも大幅安の理由が判明した。

現在日経平均先物・大証夜間は55円安だから、前述の配当落ち分145円を考慮すると、実質90円高ということである。
NYダウも0.6%高となっており、16日はようやく明るい展開になる可能性が大きい。

今、四季報秋号を読んでいるわけだが、夕方、雑用があって読み始めるのが2時間遅れになり、まだ7割弱のところ。
2、3、情報を。

4092 日本化学工業=読者の方が挙げて来られた銘柄。「量子ドット原料は下期にも量産化へ。」とある。

6099 エラン(推)=2017年12月期の予想経常利益を前号の7.80億円→8.20億円に増額。「CSセット」新規導入施設が計画上回り前期純増128に迫る勢い ともある。

9416 ビジョン=すでに四季報オンライン等で公表されていた数字だが、株価はさほど反応していない。予想経常利益を2016年12月期・前号9.00億円(会社8.88億円)→11.00億円、2017年12月期・前号10.00億円→15.00億円

9月16日 1時38分記

Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2585-aa875511