2016.07.05 エランに期待
05日の相場は、軟調に推移、日経平均、TOPIXは0.5%前後の下落となった。2部、JQも同じく0.5%前後、マザーズは1.3%の下落だった。ここ6連騰していたことに加え、為替がやや円高になったことが響いたとみるところだろう。
一見、ほとんどの銘柄が下げたようだが(私の感覚)値上がり銘柄数は726と結構多い。これは業種でまとまってあげたところがいくつかあったためである。繊維、ゴム、建設、陸・海・空運、食料品などは業種別指数がプラスだった。

前 稿で挙げた食品、飲食業態の銘柄の株価は次のようだった。

2292 S Foods   2867▼38
2602 日清オイリオ   488▼7
2612 かどや製油  2987△32
2818 ピエトロ 1785△88 
2922 なとり 1555△2
2925 ピックルス 1510△71
3085 アークランドサービス 3155△85
3097 物語コーポレーション 5450±0

やや大型過ぎた日清オイリオは除くと、ほとんどが上げた。やはり、こうした人気業種の出遅れ銘柄は強いということだろう。
特に、かどや製油、ピックルス、アークランドサービスは、出遅れが顕著で、押し目は、ここから狙っても面白そうだ。

為替が、05日の東証立会終了後、一段と円高に振れ、現在は1ドル101.6円台となっている。このため日経平均先物・大証夜間も現在209円安となっている。
推奨銘柄は、3.27日付けのエレコム以来、出していないという、ある意味、異常事態となっている。その後の、相場の軟調推移をみれば、この選択は良かったとも言えるが、とは言え、当道場の性格からして、いくらなんでも、そろそろ推奨銘柄をという声があるのも当然である。
こういうことを総合的に考え、ここで推奨銘柄を発表することにした。地合いが悪く、あまり高寄りしないことが期待できることも決断した一因である。

6099 エラン(東証1部) 1300△6

FPG、IBJ、アトラ、夢の街は、これまでの推奨銘柄のわけだが、共通点は、そのオンリーワン的なユニークな業態で高い成長力も有していたことから、大化けしたことである。
エランも同様な素質を有するとみる。
詳しくは後日に譲るが、各自調べて納得されたら買うといいだろう。
ただ、こういう地合いなので、他の銘柄とチェンジし、持ち高は大きくは増やさない方がいいだろう。少し買い、動きがいいようなら徐々に買い増すのも一つの方法である。

7月05日 22時44分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2525-99d0c083