04日も相場は強く、日経平均等の指数(TOPIXは除く)は、そろって6連騰となった。特に、小型の内需系好業績株の値動きがいい。
エレコム(推)は6連騰で、ついに2276円の年初来高値を大きく更新、2342円まであって2340△80。一応、2500円~3000円目標だが、寿スピリッツ同様、息の長い相場となって3500円~4000円といったこともないではないだろう。

前稿で書いたように、好取組の内需系好業績銘柄の動きがいいわけだが、行き過ぎた高PERまで買われてしまい、要警戒の水準の銘柄も多いとみるべきだろう。相対的に割安で出遅れなものを探す必要がある。

ところで、動きのいい銘柄を業種で見てみると、食品、飲食業態の強さが際立つ。
好業績の内需銘柄ということに加え、円高で原材料調達コストが下がるなど、おおむね円高メリット銘柄ということもあるだろう。
寿スピリッツ、亀田製菓、バルニバーニなどがこの中に入るわけだが、これに続く、まだ大きく上げていない有望銘柄はないか?
そう考えて調べてみた。
詳しくは、もう少ししてから分析とともに示したいが、ここではアトランダムに候補銘柄を列挙しておこう。

2292 S Foods   2905△77
2602 日清オイリオ   495△21
2612 かどや製油  2955△46
2818 ピエトロ 1697△47 
2922 なとり 1553△14
2925 ピックルス 1479△74
3085 アークランドサービス 3070△103
3097 物語コーポレーション 5450△180

7月04日 23時57分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2524-7dbcf832