為替が円安に向かったことで、物色意欲もやや回復(と言っても出来高は本年最低と低水準だが)、09日の相場では好決算銘柄や材料株には大幅高するものが目立った。

06日、引け後上方修正を発表した小野薬品は5244円まであって5145△181。デジタル教科書関連の有力銘柄に躍り出たスターティアは677△100のストップ高(その後、PTSでも777△100のストップ高)。昔の銘柄ではシーマも46円まであって45△1で、昨年来高値を更新しそうな動きだ。今頃上がってもなあというところだが、素直に行かないのが相場だということだろう。

さて、09日は、引け後、エレコム(推)、ワールドHDが決算を発表した。

【エレコム】
2016年3月期の経常利益は80.81億円(前の期比+7.0%)で会社予想=四季報予想の80.00億円をやや上回った。2017年3月期は8.9%増益の88.00億円予想(四季報は86.00億円予想)。円高も追い風になりこの予想数字も軽く達成するとみる。パソコン関連は伸び悩んだが、スマートフォン・タブレット関連、周辺機器が伸びた。特に周辺機器は12.0%も伸び、ついに売り上げ構成で30.6%になり、28.3%のパソコン関連と逆転して1位になった。
時代の流れを先読みして時流に乗った新製品を次々に出す同社の底力はもっと評価されていい。

ほとんど知られていないが、エレコムは年内をめどに技術系の人材を現在の3倍の160人に増やす(3.12日付け日経朝刊)計画だ。I oT の広がりをにらみ産業用コンピューター事業を拡大、同関連の売り上げを2018年3月期には2016年3月期の3倍の200億円にまで伸ばす計画という。これだけで売り上げは134億円も増加することになるが、同社の2016年3月期の総売り上げは812億円だから、産業用コンピューター事業が今後新たな成長の柱になることが分かる。

【ワールドHD】
2016年12月期の1Q決算は経常利益が前年同期比41.0%減の16.37億円だった。ただ中間期の予想経常利益が16.00億円であり、1Qでこれを上回ったわけで、業績は絶好調とみていいだろう。

日本エスコンも引け後2016年12月期1Q決算を発表した。経常利益は前年同期比95.3%の大幅増益だった。PTSでは283△19。

【夢テクノロジー】
06日引け後に2016年9月期中間決算を発表している。第1四半期に引き続き、前年同期比減益だったわけだが、これは大量採用に伴う求人費が急増しているためで心配無用だろう。会社はこのことを繰り返し言っており、通期微増益予想は達成可能というニュアンスである。

同社は09日17時30分に注目すべきIRを発表している(「第三者割当により発行される株式及び新株予約権の募集に関するお知らせ)が、こちらこそ大きく注目すべきだろう。少し長いが注目箇所を引用しておこう。

>当社が今後も持続的な事業成長を実現するためには、当社の主力事業であるエンジニアアウトソー シング事業における売上高の増加が必要不可欠であり、売上高増加のためには技術者数の増加や新し い顧客マーケットの開拓が必要不可欠となります。 その中でも、フィンテック関連の投資額は、2014年には世界で約1.5兆円規模になっており、今後 も世界的に大きな成長が期待されております。当社は、その時々に応じた産業の趨勢や時流を読み、 それに適合した人材の効率的な育成・派遣を標榜し、従来よりIT関連分野の成長を見越し、プログラ マーやシステムエンジニアといったIT関連の技術者派遣を積極的に行ってまいりました。そして当社 は、昨今のフィンテック市場の著しい成長は、同市場に多くの当社人材を供給できる好機ととらえて おります。
また、当社は、優秀な人材を抱え、さらに育成することにより、当社が新規事業として成長分野で あるフィンテック関連や最新のIT事業を積極的に手掛けることも予定しております。 具体的には、当社は、仮想通貨をはじめとしたフィンテック関連事業や最新のIT テクノロジー領域 に関して、事業パートナーとの事業会社設立や共同出資、資本業務提携などを含めた戦略的な取り組 みを行うことを予定しており、当該資金について、本第三者割当による調達からの充当を予定してお ります。この結果、当社はフィンテック関連技術に精通したエンジニアの育成及び派遣のみならず、 フィンテックに関する様々なノウハウを獲得するができます。これらにより、2020年までに少なくと も3.5万人程度の規模に成長することが見込まれているフィンテック市場の雇用規模のうち、今後そ の30%程度の技術者の育成及び派遣を当社より実施することを目標とするとともに、当社の新規事業として、フィンテック等のIT事業を展開してまいります。

「フィンテック市場の雇用規模のうち、今後その30%程度の技術者の育成及び派遣を当社より実施することを目標とする」というのだから、もし実現すれば、これは大変な材料だろう。
フィンテック関連の意外なニューフェースとして人気化する可能性が出て来た。

5月10日 01時01分記

【日本瓦斯】
東電系、日本瓦斯の都市ガスを独占供給 (2016/05/09 16:38配信)
というのが、日経のニュースとしてネット上にある。(5.10日1時29分記)
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2483-e17474e1