20日の相場は、日経平均で17099円まであったわけだが、その後円高が進んだことなどで、4円安まで下げ終値は16907△32(0.19%)。
ただその後、円安、原油高、欧米各国株堅調となり、現在日経平均先物・大証夜間は243円高となっている。やはり、基本的に、相場環境は好転、やや強気で対処という方針で良さそうだ。

【WDIが上方修正】
2.11日付けで次のように書いた。

>分かりやすいように、WDIの方から書くと、同社の4-12月期の経常利益は11.53億円だった。会社の通期予想の9.00億円を大幅に上回り、通期予想も9.00億円→13.00億円に大幅上方修正した。
「国内外におけるウルフギャング・ステーキハウス事業の業績が好調に推移した」(決算短信)ためだ。ステーキブームの恩恵を享受しているわけである。今後「ウルフギャング」は全国に出店していくことになろう。
通期予想は例によってかなり控えめで、私は13.4億円~14.5億円になるとみる。

4.20日、引け後、2016年3月期決算予想の上方修正を発表した。
経常利益は13.00億円→14.2億円
私の予想の範囲内の数字だったわけである。
ところで経常利益とともに注目すべきは純利益の数字だ。2.50億円→4.61億円
と73%増という大幅な上方修正をした。同社の場合、経常利益に比し純利益が著しく少なく、ために、株価が実態に比し低評価されがちだった面があると思うが、今回、このように純利益が激増することで、正当な評価に1歩近付くのではないか。
経常利益を14.2億円とすると、実質1株利益は134.8円となり、実質PERは9.3倍になる。名目でも1株利益は当初予想の39.5円が72.9円に急増する。名目PERでも17.1倍で割安感がある。
ウルフギャング・ステーキが絶好調なので、2017年3月期業績もさらに伸びよう。そして純利益は経常利益の伸び以上に伸びるであろうから、同社株の割安さは一段と鮮明になろう。
なお2016年3月期配当予想も8円→10円への増配も併せて発表している。
PTSでは商いは成立していないが、気配は1300円買い1380円売りである。

4月21日 0時46分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2469-2c29652e