2016.03.05 日本瓦斯
8174 日本瓦斯(東証1部)
株価=2063△23(2月25日終値)   
出来高=40万1000株(2月25日) (売買単位=100株)
PER=10.5倍(来期=2017年3月期予想実質値) 
02月12日=1970円~4450円=07月30日(年月日=昨年来安値~昨年来高値=年月日)
自信度=☆☆☆
推奨度=☆☆☆

1年近く前、道志の我が田舎家に行った時のことである。車から降りると見知らぬ若い男が満面笑顔で近寄ってくる。いやあ、やっとお目にかかれました!とおっしゃる。この方が日本瓦斯の営業マン氏だった。プロパンガス(LPガス)の勧誘だったのだ。月の料金はいくらくらいかと聞いてくる。1300円くらいだろうというと、うちなら1000円強と言ったか、ともかくかなり安くなると言う。でもミツウロコさんに悪いしなあとも思うが、手続き等全部うちでやりますからと熱心に明るくお勧めになる。といった次第で、我が家も日ガスに寝返ってしまったわけだが、やはり裏切りはいけませんな。つい先日、日ガスからお手紙が来た。何と基本料金を1000円から一気に1500円にするというのだ(多少の違いはあるかもしれない)。うちなど、月間使用量が0.0立方メートルとか0.1立方メートルなので、月の支払いは基本料金とほとんど同じなので、もろに月間料金5割アップの直撃を受けるというわけだ。
ただまあ、そんなあるみみちい話をしようというわけではない。この積極的攻勢が、同社の快進撃をうんでいるのだろうと思ったわけである。

そして円高メリット銘柄を調査していて、このときのことを思い出し、同社をいろいろ調べ、推奨銘柄にしたのである。

同社の最大の魅力はチャートだ。週足のチャートをご覧になると、納得されるだろう。2015年7月の最高値4450円が上げ過ぎなのは当然だが、それでも、以降下げ続け2016年2月には1970円になり推奨時2063円。史上最高益を更新中と業績も絶好調であり、ここを買っておけば、下落リスクはほとんどなく、逆に大きく報われる可能性はかなりあろうと判断したわけである。
しかし、その後の株価上昇は、私の予想を大きく上回るものだった。3.04日は2310△161(東証1部値上がり率21位)。

ほとんどの方がご存知だろうが、同社人気化の材料は電力自由化であろう。東京電力と提携、この4月から電力、LPガス、都市ガスをセット販売する。日ガスは売り上げ構成がLPガス57%、都市ガス43%で、LPガスの(都市ガスゼロかは未調査)ミツウロコやシナネンとは違い、どのガスを使っている家庭にも対応できるという大きな利点、アドバンテージを持つのである。

さらに新材料が出た。
3.05日、日経朝刊に「米の営業担当者 日本瓦斯が倍増」というニュースを載せている。詳しくはまた後で書くが、このアメリカでの展開は、同社の成長に大いに寄与しそうである。

注=言うまでもないが、本稿は2.25日付けで推奨した3銘柄(黒崎播磨、石光商事、日本瓦斯)について、個別の推奨記事がまだだった日ガスについて、遅ればせながら、ここで書いたわけである。ここで買うといいという趣旨でないことはご存知のとおりである。

3月05日 22時32分記


Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2430-6d5625b1