FC2ブログ
24日午前3時頃、足立区のアパートで、64歳の男性が隣室の73歳の男に日本刀で切られるという事件があった。近隣住民の110番で綾瀬署員が駆けつけたが、52歳の男性警部補が左手の親指を切断する重症を負った。

こういう事件が起きるたび、私は、警察は何をしてるんだと、怒りと情けなさと諦観のないまぜになった気持ちに襲われる。

日本刀を持って暴れているという情報は、警察は把握して出動したはずだろう。それなのに、旧態依然、拳銃以外は警棒しか持たずに行って、日本刀男に、なすすべなくやられる。それも73歳の老人にだ。これが稀有な事件というならともかく、毎年複数件あるんではというくらい起きているのだ。それなのに、何の対策も採られず、ほいほいと、ほぼ徒手空拳で出かけ毎回のように切られる。現場の警察官諸君が、かわいそうではないか。

どうすればいいか。言うまでもない。警察署、派出所等に盾を常備、出動対象が刃物を持っているときはもちろん、その恐れが多少なりとある場合は、盾を持って出動するようにすればいいのである。
どうして、こんな誰でもすぐ分かる対策が採られないのだろう。機動隊が保有しているようなジュラルミン製の立派なものでなくても、まあいいだろう。
私が,警察官だったら、仕様がないから、手製の盾というか、盾の役をしそうな何かを、自分で用意して出動することだろう。指や命を、日本刀男や何かに奪われては、たまらない。

警察関係の方、本稿を読まれたら、我が案を、真剣に検討されたし。

1月24日 20時54分
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/240-04e289a1