08日の日本市場終了後も取引がある上海(上海総合指数)は1.97%の上昇で終わった。
アメリカの雇用統計は文句なくいい数字だった。これを受けて08日のNYダウは小高かったところから上げ幅を広げる場面もあったのだが、終わってみれば168ドル(1.02%)の下げ。原油先物価格の下落が嫌気されたという。
例によってここまでならいいのだが、日本時間3時終了の日経平均先物・大証(夜間)は258円安で終了、その後のCME日経平均先物の最後はなんと448円安、17250円である。

ヘイリー(Hayley Westenra)の歌を聴いていた。
I Dreamed a Dreamである。普通「夢やぶれて」と訳されるわけだが、You Tubeで、いろいろな歌手のリストを見ていたら、「悲惨世界」なる訳に出くわした。
そうこうするうちに
The End of the World(スキーター・デイビスのヒット曲だが、私の趣味はブレンダ・リー)に行った。これの日本語訳は普通「この世の果てまで」のわけだが、歌詞からすれば「世界の終わり」のようだ。そういえば「sekai no owari」なんてのもいますな。

株式市場は「からきめを見するものかな」からワンランク以上悪化し、我らは,まさか「世界の終わり」ではなかろうが、「悲惨世界」くらいには片足突っ込みかかっているのかもしれない。

いずれにせよ、11日は日本市場は休場、中国、そして、アメリカ市場が11日どうなるか、その結果次第でどうなるか分からない。悲惨世界に突っ込まされるか、意外や意外の展開になるか。静かに結果を待ち、見て、それから悲しむなら悲しみ、喜ぶなら喜ぶとしよう。

1月10日 23時50分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2376-540b32aa