16日の相場は、欧米各国株高、円安、原油相場反発と3拍子そろったことで、日本株も急伸となった。日経平均の上げ幅は前日の下げ幅を大きく上回ったわけだが、これは主力大型株が大きく上げたためで中小型株の上げは相対的に小さかった。2部やJQは前日の下げの4分の1にも満たなかった。
しかし、これもよくあること。一歩遅れて中小型株もキャッチアップするとみておくところだ。

エコス(推)は前日94円安、16日は100円高、OATアグリオも前日28円安、16日は28円高。一体どうなってるんだと言いたくなるところだが、中小型株で、これだけ反発したのは見込みがあると読むところかもしれない。
SBSなどはずるずる下げ続ける。16日も956▼1、これで変わらずを挟んで5立会日連続安。しかし、新四季報、会社情報を見ても好材料しかない。動きの悪い銘柄は果敢に処分するのが、私の流儀だが、時価のSBSに関しては、やはりむしろ買いであろう。私はピーク時の3分の1くらい保有しているわけだが、多少買い増すつもりだ。

前稿で挙げた幼児活動、SFoods、高速、三光合成の4銘柄は、いずれも上げた。高速の動きがいまいちだったが、こういう場合、いまいちの高速ではなく、順調に上げた3銘柄の方が期待できるのが普通である。 

「新四季報関連で期待できる5銘柄 」の方は、発表後の相場の乱気流で波乱となっているが、今後徐々に真価を発揮していくことになろう。

12月16日 23時55分記

追記=アークランドサービスは前日発表の2分割、配当予想の増額を好感、5540△530(東証1部値上がり率5位)。
寿スピリッツは16日の日経朝刊に、明治HDからフランセを1円で譲受という記事がある。フランセは洋菓子製造販売会社だが、2期連続の最終赤字、ために1円なのだろう。しかし年商47億円(寿スピリッツは230億円)と、寿と比べてそれなりの規模である。首都圏に積極攻勢をかける寿の強力な援軍になろう。というわけで、私は16日、寿(残りはかなり少なくなっていたわけだが)を少し買い増した。(12.17日0時10分記)
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2357-b85c2102