私は、当ブログで、四季報発売日前後には必ず(と言っていいかと思う)、体裁、発表日時等は必ずしも一定ではないが、新四季報からの注目銘柄を紹介してきた。
以下に示したのは2015年9.14日付けで紹介した銘柄の実績表である。
発表直後から急伸、ところが決算が期待外れで急落となったGunosyの評価が問題(通常はこれでも勝ちにするのがこの世界のルールと言っていいだろう)だが、これは勝ち負けなしとして4勝0敗だった。
実は、こういう評価をしてみたのは、私自身初めてなので、確たることは言えないが、このときに限らず「四季報からの注目銘柄」の成績は、非常にいい。疑われる方は、チェックされるといいが、面倒なので誰もやらないだろう。

コード 銘柄名      掲載日   その後の高値(同日)   上昇率    現在値

2183 リニカル    1463円   3175円(12.09日)   117%   2928円
2384 SBS       946円   1226円(12.03日)     30%   1016円
3772 ウェルス     648円   1311円(12.03日)   102%   1026円
4979 OATアグリオ 1339円   1800円(12.07日)    34%   1720円
6047 Gunosy      1011円   1395円(09.30日)    38%    785円 

前置きが長くなったが、今回は、いつもとは変えて、新四季報発売(12.14日)に大きく先駆けて、ここで発表しようと思うわけである。
これは、最近は新四季報に関する情報が、いろいろな形で、五月雨式に公表されるので、実際に四季報が店頭に並んだ頃には、大半の情報が株価に織り込み済みといったことにもなりかねないからである。

そこで、今回は各銘柄に関する情報等は一切書かず、私の判断で新四季報発売となれば、株価が上がる確率が高いと判断した銘柄を、銘柄名だけ発表することにした。 

コード  銘柄名       12.09日終値 

2733 あらた         2927△71   
4687 TDCソフトウェア   1435▼50     
7559 ジーエフシー     1406▼13
9036 東部ネットワーク  1241▼ 6
9377 エージービー     395▼ 6

この5銘柄すべてを買うことをお勧めする。なまじ、あれこれ考え絞り込むと、えてして、その外した銘柄が一番上がるというのが、この世の習いだからである。ただ、総運用額はあまり増やしたくないので、全額ではなくとも、ある程度は見合いで売っておくのがいいだろう。
全て100株単位なので4万円弱(エージービー)から29万円強(あらた)で買える。ただごく一部の方以外4万円だけ買ってもしようがないだろうから、各銘柄、ほぼ均等に買う(金額ベース)のがいいだろう。

1、2アドバイスを。
どうも、外野で騒ぐ人たちによく見られる傾向のように思うのだが、すぐに買わず、かなり上がってから買うのだけはやめにしていただきたい。銘柄を推奨するというのは、今、この株価での推奨なのである。大幅高後、何週間後かに推奨時より大幅に下がっていたのでお買い得と思って買った、何が悪い的なことを言う方がまれにいるが、こういうのも論外である。
明日10日、大幅高で始まりそうな場合が難しい。その場合、ほかに穏健に始まりそうなものが複数あれば、そちらに重点的に資金を振り向けるのもいいだろう。よほどの高寄りでなければ最少単位だけは押さえ後は値動きを見て追加というやり方もある。

蛇足=実は、この原稿は08日の夕方書き終えていて、夜公表予定だった。ところが、なんと上表では除いたある銘柄にとんでもないことが起き、かつ地合いも悪化して来たので発表を急遽延期したのである。
その銘柄とは
5856 東理HD
「就学支援金を詐欺容疑」と、報道され(09日夕方が第一報か)、09日は70円まであって終値は83▼26。
最も期待していた銘柄なので困惑している。こういう不正疑惑のあるような銘柄は嫌という方はスルーを。
今回の事件がどう展開するかだが、「男女3人の生徒」(日経09日朝刊)にとどまり、会社ぐるみでもないとなれば、70円が安値となって、大きく戻す展開も考えられる。私があれこれチェックした中で最も注目した材料のあったのが同社なので、没にするに忍びなく、あえて書くわけである。
ただ、上場廃止は論外だが、リスクもいっぱいなので、そういう覚悟で。普通の人は勉強と思って株価を見ているだけにするのがいいだろう。

12月10日 0時19分記




Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2349-de6eb8cd