17日の相場は、米欧市場が高かったことを受けて幅広く買われ、大幅高となった。

当道場銘柄は引き続き好調を維持。

SBS、サカイ引越センター、ピープル、OATアグリオは年初来高値を更新した。
またアトラは1400△74と戻り高値を更新、7月に付けた1630円高値更新も夢ではなさそうな雰囲気になって来た。
シーマ(推)はもみ合ったが結局43△1と続伸した。エコス(推)、古野電気(推)、寿スピリッツはそろって反発。

いずれにせよ、これまでも書いて来たように、今の相場は、動きのいい銘柄、好業績人気銘柄は順調に値上がりするが、道を踏み外してしまったような銘柄は、復活がきわめて困難だ。もちろん、いつか花実のなるものをと、じっと耐えるという手もなくはないが、最後まで花実がならない恐れもあるし、何より効率が悪過ぎる。
やはり、的確な判断で上がる銘柄を見つけ、資金を集中するのが成功への近道だ。

私は、これまでの記事で分かるように、エコス、シーマを中核に、アトラ、寿スピリッツ、サカイ引越、古野電気、またOATアグリオ、SBS、IBJ、ピープル、Hameeなどを主体に運用している。

シーマはやはりなおかなりの上げ余地を残しているとみるところだろう。
エコスは2000円以上を信じて持続。

11月18日 0時20分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2329-031f728e