エコス(推)が引け後、2015年8月中間期決算の上方修正を発表した。
経常利益は9.00億円予想を14.17億円に上方修正した。私の予想の上限(前稿参照)をも上回る大上方修正である。純利益は4.8億円予想を8.44億円に上方修正した。
2016年2月期通期の予想は変更しなかったが、これは前稿でも書いたが、この会社の性(さが)のようなもので、いずれ上方修正は必至なので、失望したり、ネガティブに受け取るのは間違いだ。

当初の会社予想でも四季報でも中間期より下半期の方が利益は出る予想だった。
控えめに単純計算で下半期も中間期と同じ利益(経常利益、純利益)とすると
経常利益は28.34億円(会社予想は24.5億円)、純利益は16.88億円(同10.8億円)になる。
純利益が経常利益に比し通常より異常に少なかったため1株利益(名目)が少なく、ために低PERに甘んじていた面もあるとみられるが、中間期では純利益が経常利益の59.6%と鎌倉式実質値算出に使う60%とほぼ同じになった。これも株価にとって好材料だろう。

1株利益は92.26円(会社発表の数字=恐らく7月実施の自社株買いも考慮してある)にもなる。通期では、この2倍とすると
1株利益は184.52円になるわけだ。
時価の1290円はPER6.99倍となる。
PTSでは1313△23だが、これは決算内容を十分理解しているとは思えない。1360円高値更新から一段高とみる。

シーマ(推)は36△1。終値の36円というのは8.31日以来となる。終値の高値は年初来高値44円を付けた翌日の38円だ。これを上回って終わると、いよいよ44円が見えてくる。

SBSは1083△77と急伸、年初来高値1146円が見えて来た。
寿スピリッツも4100△100で年初来高値4335円更新の可能性が出て来た。一方IBJやサカイ引越は安く、何が上がり何が下がるか読みにくい。上げている銘柄は安易には売らず、しかし高いところでは一部は売っておくといった戦術が有効だろう。

10月08日 0時40分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2297-4c0a257e