2日のアメリカ株は雇用統計発表を受けて急落して始まった(NYダウ)わけだが、その後はじりじり戻し終わってみれば200ドル(1.23%高)だった。これで、一段と、世界そして日本の株式市場は落ち着きを取り戻し、ある程度はやれる相場になって来たのではと言える状況に近づいた感じがする。

そこで、久しぶりに(と言っても失念していただけなのだが)、私のポートフォリオ=保有銘柄(有望順)を公表しておこう。
言うまでもないことだが
「有望順」と言うのは、私が現時点で有望と考える順ということである。
「目先の目標値」というのもあくまで「目先の」かなり達成確率が高いと考える控え目でかつキリのいい数字である。

保有銘柄(有望順)      時価 → 目先の目標値
①シーマ (推)          35円→  45円
②エコス(推)         1218円→1318円
③アトラ(推)          955円→1055円
④IBJ(推)            1499円→1549円
⑤ダイイチ           1062円→1152円
⑥IRJ               812円→ 862円
⑥寿スピリッツ(推)      4040円→4140円
⑦第一稀元素         4850円→5050円
⑧ Hamee            2168円→2268円


注1=スターティア、Gunosyが入っていないのは、見限ったとか有望でないと判断したわけではなく、ここ下げているので、どこで底入れ反転するかを見極める段階とみているからとりあえず入れていないのである。谷深ければ山高しで大きく戻す可能性は十分あるとみている。
注2=ダイイチ、第一稀元素、Hamee (ダイイチ以外は文中で言及したことはあると記憶する)は、いわゆる当道場銘柄(推奨銘柄+それ以外でも買っていいという趣旨で取り上げた銘柄)ではない。

上位5銘柄について簡単にふれておこう。

①シーマ (推) =後日、詳しく書く予定だが、業績からして30円台の株価はありえないと言っていいくらいの安さだ。
鎌倉式修正PER理論では
株価=実質1株利益×a+b  である。
a=PER、b=企業存在価値分(「上場価値分」と言い換えてもいい)
注=昨年刊行の拙著では分かりやすさを第一にしたので b を無視している。今、そうしたことを少し悔やんでいる。
さて現時点でbがいくらであるかだが、これは6円~15円程度だろう。要するにBPS(1株純資産)やEPS(1株利益)が0でも、これだけ株価はしていいという値段である。これを考慮し、かつ同社の1株利益を考慮した場合、35円という株価は下げ余地は非常に乏しく、逆に上げ余地は非常に大きいというのが私の見方のわけである。

②エコス(推)=同業のダイイチの月次売り上げが発表された。好調であったが、エコスもここまでの業績からして通期の上方修正は必至とみる。8月中間決算は10.09日発表のようだ。       

③アトラ(推)=9.26日(?)に岩井コスモ証券が新規に「A」(最上位)、目標株価1200円でカバー開始、今来期とも会社予想・四季報予想を大幅に上回る経常利益等の見通しを出している。
>ほねつぎ高松接骨院/高松はりきゅう院
2015年10月28日 宮城県仙台市に、ほねつぎ高松接骨院/高松はりきゅう院が新規OPENします。
と発表(10.02日か)、10月の新規オープンはついに4店になった。月2店でほぼ予定の年25店出店になるわけだが、徐々に出店ペースが速まり、ついに初の月4店オープンを達成したわけだ。

④IBJ(推)=内需の業績絶好調銘柄への人気集中が一段と鮮明になっている。となれば、婚活のIBJの人気も高まるとみる。

⑤ダイイチ=10.02日に9月の月次売り上げを発表したわけだが、これで2015年9月期の売り上げもほぼ確定した(鎌倉雄介の推定)。会社計画は357.62億円、四季報予想は365.0億円だが、私の試算では371.6億円程度になる。四季報は経常利益について会社計画を1億円上回る11.5億円を予想しているが、これすら上回る可能性が高まったようだ。

10月03日 22時42分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2293-eb121642