16日も上海株にかき回された。前日のNYダウの大幅高を受けて日経平均は高寄りし、一時は260円以上値上がりしたが、比較的堅調だった上海が上げ幅を縮小するにつれ(一時はマイナス圏に)日経平均も勢いを失い、結局145円(0.81%)高で終えた。それも主力大型株の上げだけが目立ち、中小型株は小幅な上げにとどまった。2部、マザーズは下落。JQはわずかに上昇。

こうした中、当道場銘柄はまちまちだった。
前稿で材料を書いた3銘柄はそろって上げた。即ち
SBS  939△14
IRJ   832△34
Gunosy 993△12
いずれもかなり高いところまであったのだが、終盤にかけての小型株売りで上げ幅を縮小したのである。逆に言えば、比較的小幅な上げにとどまったので、なお押し目は買いでいいだろう。
このほかでは、前稿で挙げた中では、ファーマライズ、WDI、Hameeはやはり押し目は買いでいいだろう。

上海は、ここよくあることだが、東証終了前後から急伸、結局4.89%の暴騰で終えた。
これを受けてNYダウは小幅高、上海株横ばい圏で立ち合いを終了したので日経平均先物・大証夜間は現時点で160円ほどの値上がりとなっている。
多少の希望を込めて予想すれば17日は、主力株は一服気味になり、中小型株がかなり値上がりするのではないか。少なくとも、16日に値下がりした銘柄を先頭に小型株にも物色が回って来るのではないか。

厳しく疲れる相場が続くが、ここを耐えてこそ明るい未来が開ける。FOMCさえうまく切り抜ければ、地合いはかなり好転しそうな雰囲気になりつつあるように思われる。

9月17日 0時18分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2279-6755971e