14日の相場は小高く始まったのだが、ほぼ寄り天になった。上海市場が開き(日本時間10時30分)マイナスとなるとじりじり下げ、日本市場の昼休みに上海が下げ幅を拡大すると、後場は日経平均は大幅安で始まり、14時00分(日本時間)再開の上海の3%前後の大幅安に、結局日経平均は299円(1.63%)安となり18000円大台を下回って引けた。なお上海の終値は2.67%安。

そろそろ、アメリカの利上げや上海市場と決別して動いてもと思うのだが、それができない日本市場である。

ここは、やはり慎重に外部環境の落ち着きを待てということだろう。16日、17日のFOMCでアメリカの利上げに決着がつくまでは、弱いもやもや相場を覚悟した方がよさそうだ。

9月15日 0時28分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2276-cf2c3077