FC2ブログ
どうしようもない相場というか、なんかおかしんじゃないかと言いたくなるような相場が続く。日経平均は乱高下し、結局は70円弱値上がりして終えたわけだが、支離滅裂な値動きだった。上海もNYダウ(先物取引)も高かった時点でも大きく下げていたり、その後も上げたり下げたり目まぐるしく動く。
終わってみれば、日経平均だけは高いが、値下がり銘柄数のほうがはるかに多く、結局、輸出関連中心に主力大型株の上げでもたせた相場だった。小型株指数はマイナス、単純平均もマイナスだった。2部は1.87%、JQも1.27%とかなりの下げ。マザーズは泥沼状態だ。

上海は結局2.52%の下落だった。
ヨーロッパ各国は0.6%前後の値上がりで終えた。アメリカはレーバーデーで休場だが、CME・NYダウ先物は100ドル余りの値上がりとなっている。となれば日経平均先物もプラスでよさそうなものだが、横ばいか小安いくらいの推移が続いている。

日本株もそろそろというムードになっていいところと思うが、相場に聞く限り、なんとも判定不能なふらついた動きだ。特に小型株は総じて悲惨な状況になっている。全体が戻れば、売られ過ぎた分、大きく戻そうが、全般が戻らなければ、買い手不在の中、なおずるずる下げる恐れもある。

持ち高は少な目に、逆行高している銘柄があったら少し外すくらいのスタンスで様子見がいいだろう。なにせ危険がいっぱいの相場が続いているのだから。

9月08日 0時42分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2269-ad6021bb