19日の相場は、前日の欧米各国株が中国株急落を嫌気してそろって下落したことで下げて始まった。その後19日も中国株が下げたことで下げ幅を拡大、結局日経平均は332円(1.61%)の大幅安となった。

19日の欧米株はヨーロッパ各国株は2%弱前後の下落、アメリカ株(NYダウ)は1.2%ほどの下落となっている。
日経平均先物は30円安程度の小幅安にとどまっている。19日の中国株が結局1.2%の上昇で終えたこと、為替が円安になっていることが好影響を与えているのか。

外部環境、特に中国経済が暗い影を落としているわけで、本腰を入れて相場に取り組める状況ではない。
9536 西部ガス を今調べている。ただこういう状況では、どういう扱いにするか決めかねている。
ある程度のリスクを許容できるのなら、少し買っておくといいだろう。あまりリスクを許容できない方でも、何かを売ってチェンジする形で買っておくのはありだろう。
状況が好転するとかあればもう少し明確な形で方針が打ち出せるかもしれない。20日の立ち合い開始直前、後場立ち合い開始前、可能な方はブログを再度見るようにされたい(何もない場合は悪しからず)。

8月20日 0時45分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2253-04d50ffa