相場は相変わらず、激しく複雑でとらえにくい動きとなっている。

ただ私というか当道場の成績からすると、1月から4月で悪目を出し切ったようで、以降は、基本的に好調である。
その間、まずはアトラ(推)、寿スピリッツ(推)が牽引、この2銘柄が悪役になるとサカイ引越(推)、スターティア、トランコム、ウェルシア、セーラー(推)などなどが替わって稼ぎ頭になり、好成績につなげた。そしてここに来ては今度はセーラーが悪役になってしまったが、逆にアトラ、寿が、特に寿が華麗に復活、サカイ、トランコム、内外トランス(推)、スターティア、ウェルシア等も好調維持といった具合である。

相場じゅんばんこなのであるが、とは言え、ずっと好調が続く銘柄もあり、この辺をうまく読み(4勝1敗で良い)、時流に乗るポートフォリオに随時組み替えて行くことが、重要であり、成功の秘訣のわけである。

さて前日、私の 保有銘柄(有望順) として挙げた7銘柄の値動きを見ておこう。   

①スターティア     2097△73    
②エコス(推)      1247△50  
③内外トランス(推)  1559△63  
④リロHD        13720△90                    
⑤ウェルシア      6630△120        
⑥ビケン          969△12          
⑦イーサポート      2188▼7  

このように、ほとんどが大きく上げた。やはり出遅れの割安好業績銘柄、言い忘れたがそれも内需関連がいい、を狙っていくのがいい。 

寿スピリッツが4285△230と続急伸となった。今期業績の大幅上方修正期待が広がったのだろう。なおかなりの上昇がありそうだが、ある程度は利益を確定しておくのもいいだろう。アトラは相変わらずの乱高下だ。こういう動きは心臓に悪いとか動きについていけないという方は、吹いたところではある程度外していけばいいのである。株価に文句をつけるのはお門違いだ。
セーラーは前日に続き大きく下げた。底なし沼のように思うとしたら、それは間違いだ。近々底入れするとみるべきだろう。超低位株が、たいして悪材料もなく、そう大きくは下げない。ネット取引時代なので行き過ぎが激しくなるだけだから、あわてず落ち着くのを待とう。

IMVが引け後決算を発表した。すばらしい決算だったわけだが、会社は通期見通しを変えなかった。ただ純利益は3Q通算で7.97億円と、すでに通期予想の7.8億円を上回っている。通期の上方修正は確定的と言っていいだろう。7-9月期の経常利益は0.3億円しか見込んでいないわけだが、前年同期でさえ2.37億円だった。常識的には0.3億円ではなく2.4億円~3.5億円とみるところ。控えめに下限の2.4億円としても、2015年9月期の経常利益は15.1億円(会社予想は13.0億円)に達することになる。PTS最終値は710△31(ただし出来高2000株)。

8月05日 0時36分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2239-2aa04a12