雑用等で手いっぱいで、いろいろご質問等にお答えできていないが、お許し願う。

野村証券の「日本経済ウィークリー」(6.01日付け)を見ていたら、同社が2015年1-3月期の実質GDP(2次速報)を前期比年率+2.7%に、1次速報の+2.4%から0.3ポイント上方修正することが書かれている。

6.05日のNYダウは56ドル(0.31%)安だが、為替の円安(1ドル125.59円)もあってCME日経平均先物は20580円と119円ほど高い水準で終えている。

というわけで、これまで通り、6月は強気で押したい。

前稿でも書いたように、ここ小型株が堅調で、大型株は一進一退となっている。
IBJ(推)やサカイ引越(推)が新値追いのほか、トランコム、寿スピリッツ(推)なども05日は上げた。いずれも強気継続でいいだろう。
アトラ(推)、IMV(推)は下げたが、これは当然の一服だろう。
フィデア(推)は5.03日に急落、04日は小戻したが05日は再び下落、微妙な段階にある。どこまで戻るか、高値更新はあるかは読みにくい。ただ、下値は知れているので、とりあえずは様子見。

タキヒヨー(推)は、この下値抵抗力からして、どこかで大きく跳ね上げることを期待。

サミット開催地に伊勢志摩が決定。
関連銘柄としてPTSで三重交通(518△80)、近鉄(461△47)が急伸している。
ほかに穴株はないか、各自探すと面白いかもしれない。私も頑張っている。

6月07日 23時30分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2191-7e1c349c