6.01日の相場は、一段と小型株優位の展開となり、当道場銘柄の多くが上げた。
フィデア(推)は300円まであって294△18で、あっさり2年前につけた285円を大幅に更新した。ここから特急相場になりそうで、どう対応するか腕を試されるところであり難しいところ。

IBJ(推)、サカイ引越(推)はともに連日の年初来高値更新。巴コーポ(推)、寿スピリッツ(推)も順調に戻している。

トランコムも切り返し5820△10と戻り高値更新、いよいよ5970円の年初来高値挑戦となりそうだ。

アトラ(推)は2038△50と大幅反発、2000円大台を回復した。日証金の信用買い残は直近のピークの36100株(4.27日)から6.01日は6800株まで急減している。終値ベースの高値は5.14日につけた2090円。これを上回って引けると、いよいよ2170円の年初来高値更新が見えてくる。

火山噴火、地震が頻発、いつさらに大きな天変地異が起きてもおかしくない雰囲気だ。
そうした時のリスク・ヘッジに何か一つは最低でも建設・復興関連銘柄をポートフォリオに加えておきたい。私を含め、巴コーポをかなり保有されている場合は、それでいいだろう(逆に言えば、巴は戻り売りを出したい誘惑にかられるかもしれないが、とりあえずキープがよさそうだ)。

6月02日 0時23分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2187-0e60ce87